シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

トップ > SONGS >ALBUMS | 作品集

正義と真実のばか

前へ
次へ

再開後の新曲ばかりを集めた作品は、五年近くあたためて来たもの。

少年の灯


世界は広いらしい
歩き尽くせないほど
山の向こうで風向きは変わる
これは聞いた話だけど

僕はね僕はさ
正しい人になるよ
嘘偽りを言い訳を
しない人になるよ

女の人の方が
強いものだって
母は優しくよく泣いているし
そんな風には思えない

僕はね僕はさ
正しい人になるよ
愛する人を守るため
生きる人になるよ

裏切られるって
どういうことなのかな
まだ誰も教えてはくれない

体温


道徳上のあれこれは
この際どこかに置いておく
こんなに細くなって心もとない体温よ
君は死にたいか生きていたいのか
さあ今ここではっきりさせてみよう

身も心も委ねるということが
どういうことか教えてあげよう
本年本月本日現在
残念ながら君はまだ生きている


振り絞られた告白は
プライド云々乗り越えた
確かに君の言う通り心許ない人生よ
君は死にたいか生きていたいのか
体温を変えずはっきり言ってごらん

身も心も委ねるということが
どういうことか教えてあげよう
本年本月本日現在
残念ながら君はまだ生きている

からだのふちから容赦なく
ふりかかる温もり
諦め忘れ背を向けて
久しいあれそれ

身も心も委ねるということが
どういうことか教えてあげよう
本年本月本日現在
残念ながら君はまだ生きている

正義と真実のばか


もしもあなたが助かるのなら
どんな神にも祈りましょうね

わたしにできること
それがわたしの全て
足りないものがあれば
言うだけ言ってください

溺れるものよ力をぬいて
ことばの意味をつきとめなさい

もしも言葉に力があれば
あなたのために尽くしましょうね

わたしにできること
それがわたしの全て
足るも足らぬも今は
わかりかねましょうが

溺れるものよ力をぬいて
ことばの意味をつきとめなさい

もしも正義に力があれば
あなたのために取り寄せましょう

本当のところ本当の心
本当の言葉本当の意味が
あなたを救うわけではないものの

溺れる者よ力を抜いて
言葉の意味を突き止めなさい

逡巡


今君を抱きしめるのは簡単さ
或いは文字通り抱くことも簡単さ
なりゆき任せのやさしさで
また遠回りしそう

正しいということは果たして
しあわせだろうか
正しいということはすなわち
しあわせだろうか

今君を慰めるのは簡単さ
或いはおだてて褒めることも簡単さ
その場しのぎのやさしさで
また遠回りしそう

正しいということは果たして
しあわせだろうか
正しいということはすなわち
しあわせだろうか


答えはこの場で分からない
良いか悪いかはなしくずし

正しいということは必ず
しあわせだろうか
正しいということはすなわち
しあわせだろうか

懺悔も日向でなまぬるく


やさしいふりをしてごめん
そうしていると僕が楽だから
まだまだ暮れない街と空の下を
体よくやりすごすため

捨てたもんじゃない
世界は愛に満ちて
迷子の手を引く言葉で
捨て子の頭を撫でている

悲しいふりをしてごめん
そうしていると僕が楽だから
励まし合わなきゃ生きて行けないほど
本当は悲しくはない

捨てたもんじゃない
世界は愛に満ちて
迷子の手を引く言葉で
捨て子の頭を撫でている

やましいふりをしてごめん
そうしていると僕が楽だから
糾して暴いて裁いて赦すほど
本当は正しくもない

捨てたもんじゃない
世界は愛に満ちて
迷子の手を引く言葉で
捨て子の頭を撫でている

人間


出会うのが遅いほど
いろいろ知りすぎて
期限付きになるのも
分かってしまうもの
それもこれもあれもどれもなければ今がないことも

ふたりはやがてふざけあい
なぐさめあった飽きるまで

いくたびももとめあい
そのたび埋め戻し
何のためにするのか
分かって来たでしょう
仕組まないで計らないで迷える今は美しい

ふたりはやがてふざけあい
なぐさめあった飽きるまで

過去を赦し今を讃えあうため人はもとめあう
ふたりはやがてふざけあい
なぐさめあった厭きるまで

燃える朝陽を今朝もみた


日々は自棄気味のルーチン
人は成り行きの乗客
弾く算盤も久しく
編んだシステムの采配

正しいことを正しいと言う
例え割りあわぬ勘定でも

燃える朝陽を今朝もみた
決して間違えぬ勇姿
燃える朝陽を今朝もみた
決して揺るがない光

風を読み切った情報
明日の雲行きも知れてる
自由欲望の変数
今や想定の範囲内

正しいことを正しいと言う
例え割を食う人がいても

燃える朝陽を今朝もみた
決して間違えぬ勇姿
燃える朝陽を今朝もみた
決して揺るがない光

正義を信じ正義を掲げ
例え雲がそれを遮ろうと

燃える朝陽を今朝もみた
きっと間違えぬ勇姿
燃える朝陽を今朝もみた
きっと揺るがない正義

Information

型番: PMCD-4114
発売:2014年 11月
価格:¥2,200

SHOP

ラブレコードで購入

ペンツマンレコードで購入

トレイラーを観る

発表当時の言

 正しいということ、本当のこと、はたまた、愛、幸福、やさしさ。

 我々は信じています。それらの言葉は一概に美しく存在し、その他の概念に比して明瞭明確で印象的によろこばしく、疑いのないものとして。
そして我々は信じています。それらの言葉の意味を概ねすべての人が共有していることを。

 しかし、にもかかわらず正義と真実に立脚した考え方、生き方、話し方、言葉の選び方は、現在現実、常に絶対的存在としての価値を得るということはなく、きれいごと、絵空事、理想、空想、ときには妄想とまで断ぜられるものです。

 言葉は使う人間の作る時代の空気によって変質していきますが、比較的絶対的存在と見做され、とりわけ歌詞には最早、+や−や%といった記号のように扱われる言葉たち。かわいそうじゃないかな、と思うのです。

 ああ、正しいということは、いったい誰が決めているのでしょうか。


2014年11月30日より公表販売

ご挨拶

ページのトップへ戻る