シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

トップ > 

日日是策案日記  ( 2021-07 )

2021-06< 2021-07 >2021-08

2021/07/30 13:39:23

もはや馬鹿の一つ覚えにもなっていない

緊急事態宣言が、なんと、ななんと、なんとなんと、また、延長されるんですって。

八月のライブもまた、被っちゃうよ。ということは、今夜にも池袋フィールドから、八月いっぱいは休業しますので、無観客配信でお願いします、というメールがやってくるってのが、今年のパターン、だな。フィールドは素敵なお店だし、身の丈相応な気もするし、だからこそお店の方針には従うのは前提です。

けれども、ああ、そろそろ外で皆さんとあいまみえたいものですねえ。って言ったってねえ、みなさんがライブの開催自体を問題視した、去年の三月の比じゃない事態ですよね。この八月の後半なんて、下手にお医者さんにかかれないくらいになるわけですよね。自分の身を自分で過剰なくらい守り続けないとなりません。

ってなると、皆さんも足を運ぶのが億劫な感じになって、結果、配信の方がいいんじゃんね。となる可能性が高いですね。たまたま僕自身は周囲よりも少し早めに打ち終わったワクチンについてだって、その効力をいかほど鵜呑みにするかどうかも、これは個人の判断に委ねられるわけで、やっぱり全体的には無理は禁物、なことになるのかしらん。

などと、こもりうた故に、殊更大きな音にならないみたいだ自宅でも大丈夫と思い込んでの、録音に勤しむ昨日今日です。

いずれにしても、やっぱり配信ならまた、それなりの工夫が必要、だなあ。と呟き、自宅にいるにもかかわらず先週とも先々週とも昨年とも一昨年とも十年前とも変わらぬ、朝仕込んだ昼の弁当を食べて、午後の作業に入る前のひとときを日記書きに費やした金曜日の午後です。

2021年07月30 日 13時39分23秒

2021/07/30 00:17:23

なすべきと決めてなすの日を送るべし。

東京は何波だか知らないけれど、流行真っ只中です。

でも、実際都内の人口密集地を闊歩する人たちに聞けば、特別危機感はないそうです。

様々な事実を照らせば、その通りです。なんてことない。いつも通り。

しかしこの矛盾しまくった事態に未だ混乱させられます。そこで採った方針が、危きに近寄らず。

てわけで、毎日家にいます。その始まりが、無観客配信だったこともあってか、すっかり心の調子を崩していました。

危に近寄らず、何をすべきか。第一に毎日のボイストレーニングポッドキャストの形を完成させること。

三ヶ月間の試行錯誤と、僅かながら続けている方の声をたよりに、飽きにくい、汎用性の高い形をやっと見つけましたので、これをひとまず完成させます。

第二に、今年のワクチン接種が行き渡る前に、作品集はやりもの、を完成させること。

東京在住がために翻弄された2020年2021年、その中で生まれたうたたち。滑稽な時代の記録をまとめます。勿論、その先へ進むために。まだまだ、この不自由で、本来でないと思ってしまう生活様式は、続くことでしょう。

なんてことでも、書いておかないと、今なすべきことを見失ってしまいそうです。

幸い、録音環境を自宅にも再現できた気がします。こもりうたも歌えましょう。若干蝉の声など、入り込んでいますが、自然の音ならまあ、許そうじゃありませんか。



これも、書いておいて忘れてしまっていた日記ですよ。多分、月曜日じゃなかろうか。もう金曜日です。でも、これをしれっと月曜日の日付に更新するのも、まあ面白いんですけども。はて面白いかな。

2021年07月30 日 00時17分23秒

2021/07/29 19:25:56

人流が減っている

と、ことさら大きな声で嘘を言い続ける人たち、可笑しいよなあ。いよいよ恐怖の大王の実力行使です。あ、でも試合時間を変更するという妥協も見せていますね。こわいよー。

僕はひとり人流抑止のために、草むしりですよ。有効無効どっちにしたって馬鹿丸出しではありませんか。痒いよ痒い。蚊が痒い。

2021年07月29 日 19時25分56秒

2021/07/29 14:08:37

あいつがいつ倒れたかなんか覚えていないけれども

ここを読んでくださっている奇特なみなさんは記憶にあることと思います。僕が毎月の弾き語り活動を始めたのは1994年の夏で、四谷コタンという小さな店でした。途中6年ほどブランクがありましたが、そこで2016年の春まで、文字通り修行のようなライブ活動ってやつをやって来ました。

当時出演のためにはオーディションがあって、僕が受けた日は、8人中4人が不合格になるという狭き門でした。おまけに店長に毎月リハーサルの時間には、下手くそ、声でてねえぞ、腹から出せ腹から、と、舞台仕込みの発声で威嚇されたのが、僕がボイストレーニングに駆け込んだ理由です。どうしたって切りきれないご縁ではあります。

そう、当時のリハーサル光景については、今でも僕らの語り草。先輩たちもこわかった。辛かった。もう逃げたかった。リハーサルなのに。これから本番なのに。

当時の出演者たちを、友達と称していいのか、仲間と称するべきか、分かりにくいのです。また少なくとも、あの当時は狭い世界でライバル同士であったことは間違いなくて、それはとても面白い関係だなと思います。実際、友達付き合いをしている人は皆無と言っていいでしょう。人さまのためでもいい、誰のためでもいい、とにかく、自分の歌を歌っていたかった連中。

その中で、ひときわ店長はじめ先輩方の寵愛を受けていた、生意気な青年がいました。僕が24とか5ですから、彼は20歳そこそこだったはずです。が、僕を含め年上だろうが少し畑違いだろうがなんだろうが、難癖をつけて喧嘩をしたり、根拠不明に上からものを言うので、口の下手な、言い返さないタイプの僕のような人からは、煙たく見えていたのではないかなと思います。

がしかしまあ、そういう奴に限ってかわいいものなんですね。みんななんだかんだ言って、好きだったんだと思います。酒飲みコミュニティで仲良くしているのを、僕は遠目に見ている関係でした。余談だけど僕にはこの、年上の人たちに可愛がられやすい人、に対する無意識の敵意というものがありまして、常にこれが僕の進む道を狭くしていることに気がつくのは、ほんとうに十何年後のことです。

特別接点はありません。仲良くしないし、畑違うし彼生意気だしね。ただ、二十代の頃、たまたま来てくれた高校の同級生が彼に、ふぶきくん、と声をかけたほど、後ろ姿が似ていたんです。伸ばしていた高校時代の長めの僕の髪型とね。(卒業アルバムがもうないので、写真を見せられないのが残念)

その後そいつは、脳梗塞で二度ほど倒れているはずです。それがいつかも知らないくらい、疎遠です。半身うまくうごかないのでしょう、リハビリ人生になりました。その時知ったよね、僕たちギターを両手を使ってるから、片手がダメになったら、それまであーんなに練習したのに、もう思い通りには弾けなくなっちゃうんだってことを。だから、その頃には僕も会ったときは優しく接していたはずです。


その彼、塩川昇が亡くなりました。知らせてくれたのは、かつての四谷コタンの店員クボフミトです。彼らは同い年だったんだよね。グラフィティに呼んだりしていたこともあったっけか。

僕はそれを知り、あ、葬式行かなくちゃ。今仕事休んでるもの行けるもの、その前に髪を切ろう、そうだ、あの頃のあいつの髪型にしてもらったらいいな僕今ちょうど伸び放題になってるところだし。と、オリンピックの野球が始まっているのに気もそぞろでした。で、実際に僕は試合の途中にも関わらず町内のお店に髪を切りに行ったんです。今時QBだってやってない千円ぴったりカット。

しかしさすがに予約もせずに飛び込んだ床屋(要予約ですって)の待合椅子で、気がついたんです。今は、だめだわ。長野までひっそり行くには行けても、東京から、さほど仲良くなかったひねくれたしかも五十過ぎの男がひょっこり行ったところで、みんな困るだろ。大体、東京からくるなの時代だしね。


朝から自宅で、あなたのために、をうたいました。youtubeには会葬の時刻午後三時に自動更新させます。僕からのささやかな、手向として。

ギターが弾けないなんてな。さぞ、さびしかっただろな。本当はもう生きるのもいやだっただろうな。そこから、何年も頑張ったもんだな。

合掌。やすらかなれよ。リハビリは、ただただ、きつかっただろう。胸が痛いや。


2021年07月29 日 14時08分37秒

2021/07/29 09:04:03

十一位決定戦まで見届けたのでした。

オリンピックで種目になっている7人制ラグビーを生で見られたのは、ようやく今年に入ってから、だったでしょうか。七分ハーフ。何せあっという間です。

リーグ戦から四試合(だけではないけれども)。見届けたよ。十一位に滑り込んだよ。開催国だからってあれだ、容赦ないなあフィジー以外は。戦績だけでなく、内容も厳しくて面白いくらいだよ。ありがとう。

野球より時間短くてほっとするのでした。



このように、メモ帳に残しておいて、載せ忘れていたものが、いくつもあって笑います。

しかも、正確にはこれは月曜日なのか火曜日なのかはたまた水曜日なのか、もう思い出せないのです。

なんという毎日でしょう。

ワクチン接種二回目というものがもたらす諸々の何か、について、まあ、僕などは身体つよいしなあ、なんてことないよなあ、と思って過ごしていましたが。

僕の場合は、接種29時間後が最も顕著で、発熱寒気悪寒(どれも同じですね)、いろいろな関節の痛みで、いてもたってもいられず、眠りました。

そして、目覚めた木曜日の朝、けろっとしています。曇り空を見上げ、いつものようにみんなの無事を願う自己満足の時間を経て、アクエリアスを飲んでいます。

さ。まず草むしりをしよう。今日は午後三時に合掌更新をします。

2021年07月29 日 09時04分03秒

2021/07/28 06:35:46

無駄足の記憶を上書きしたのは火曜日

月曜日に、経費立替という大事な作業をしに、最も近所で小銭出金の可能な銀行ATMへ、わざわざ運動のためにと歩いてきました。朝の10時でしたが、片道徒歩三十分たっぷり汗をかいてしまう暑さの中でした。

ちなみに普段はこの作業ほとんど、自転車通勤の中途で行っています。飯田橋支店だと、目白通りを遠回りしながら横断しなくちゃならないとか、道が狭いとか人が多いとかの理由で、ほとんど江戸川橋支店です。どうでもいいがすぎます。

でで、世間は25日を含めた連休明けの月曜日の朝だった、のかな。25日を含めた連休明けの月曜日の朝だから、銀行から現金を引き出しに暑い中並んでいる、という理解でいいのかな、と呟きながら、汗をにじませ帰って来たのでした。

ちょうどその頃、首都高速でトラックだかトレーラーだかが横倒しになって何かが地上に落下していたとの記事を、帰宅直後ニュースアプリで読みましたが、暑くて野次馬に出向いていく余力はなく、豪勢にシャワーなど浴びていました。

一度決めた用事はとっとと終わらせてしまいたい、たとえ実際は今週末までにやれば、家に篭る生活を決め込んでいるならなおのこと何も問題が起こらないとしても、できることなら早急に済ませておきたい。と考える性質です。

これはせっかちというべきなのではないかと思うのです。だって急ぐ必要はないのですもの。でもどうしてか、落ち着かないのです。こういう人には、支障がない限り、好きにさせてあげればよろしいと考えます。

そしてそもそも支障なんて、ないのです。なすべきことが少し、進まないだけです。しかもそのなすべきことときたら、早めても、遅れても、誰にも迷惑がかからないのですから。無圧力。

ちょうど、翌火曜日には大東京大手町へ出向く用事があります。大手町には銀行がありますし。しかし往復は、電車の混んでいない時間帯を選びたいものです。そう考えると、早めに行ってしまうのが最善です。

しかし今度は、ようやくなすべきことがちょうどいい具合に波に乗り始めてしまい、出かけるのが遅くなってしまったのです。つまり結局、自分のやろうとしてることの流れの良し悪しを最重視して行動しがちなようです。

いや、それでいいんですけれども。時々それが、人に迷惑をかける時もあろうな、と思う時間的余裕のある火曜日でした。夕刻途中下車して銀行に立ち寄り、シブイさんの入出金事情をクリアにしてご満悦。シングルタスクしか機動しない自分を確かめます。いろいろ同時に起きても、対応不能ですことよ。でもこれで次に進めるというわけです。

ようやく、毎日のボイストレーニング習慣を作ってみる内容のすっきりしたものが作れて来ました。この8月分をしばらく集中して作ってしまうことで、ようやく、なすべきことその二作業に入れるというものです。あああ働き者だなあ。とぼやく今朝は左肩が腫れ気味。火曜日の酒は、希釈してと言い換えたくなるくらいひどく薄めて、これはただの多めの水分だと言い聞かせてガブガブ飲み、今朝も運動は自重。慎重な対応をしております。

2021年07月28 日 06時35分46秒

2021/07/27 20:00:42

たまたま見てしまったんだな、スケートボードを。

日曜日の朝、たまたま、見てしまったのがスケートボードでしてね。実況アナと解説の見事な言葉遣いの違いのバランスに心奪われてしまったのでした。

ひとことで言って、感動でした。

新種目であることの良さは、まだ、競技者たちが管理管轄されていないことによる、しがらみのなさ。もちろん、人材難といえば人材難だけども、それもそのはずでしょう。日本国内での競技としてばかりでなく、認知普及を目指す立場で喋る解説者の言葉遣いが、ヤベーアツイですもの。面白すぎます。

歴史と伝統さらに格式まである競技などと比べたら、なんという軽薄さ。柔道とかね。体操もそうだね。野球だってガチガチですね。それらはさらに、勝って当たり前、メダルを取るために出場してるって言うんですもの。しがらみだらけの息苦しい世界。もはや見てる方が辛くなります。

それに比べたら、なんと純粋素朴、好きで好きで仕方がないからこれやってますと言う若年層だけの世界。笑顔が違いすぎます。清々しくて見てるだけで気持ち良くなります。美しい。

なんでこれが殊更楽しいかってね。

ある意味こういった、まだ括られていないジャンル、という世界の自由さ、楽しさに通じるのです。僕のやっていることって、あんまりまだ、みんながみんなやっていないことだと思うんです。ひたすら権威づけされない、さらにまた商品としても比較されない領域で、伸び伸びと作品作りを続けていること。既存の指標で他の誰とも比べにくいわけです。言ってみれば、僕のやってることは競技人口が少ないから。ま、だからひどく限られた人にしか認められないのだけども。

逆に言えば、スケートボードがこれから金メダルという分かりやすいものによって、どんどん規格化されて、権威づけされ、しきたりや派閥が生まれ、窮屈になっていく方向へ進むのだと思います。

だから、取り巻く状況も含めた今の今、見られてよかったなと思うのです。月曜日も結局、見ちゃったわよ。困ったわよ。やることいっぱいあるのに。

2021年07月27 日 20時00分42秒

2021/07/27 19:35:45

接種

ところで、いわゆる流行りのワクチンの二回目というやつを、本日こなしてまいりました。

天気が良くなったので地下鉄で大手町へ行ったのだけども、乗車位置北寄り、みなさん揃いも揃って目的地が同じでした。ワッと立ち上がって一目散に指定の出口(至る所で案内されている)へ向かうんですもの。

それにしても帰りの電車16時半だったのにえらい混雑で、面食らってしまいました。この時間なら空いてるだろうと思ったのに。

みんな、ごく当たり前に働いているんだなあ。と、遠い目になります。

で、痛くなるのは明日水曜日ね。ちなみに、針が刺さる時は痛くないという声も聞いたことがあるけれども、僕は針が刺さる時、痛いです。

2021年07月27 日 19時35分45秒

2021/07/27 16:48:25

なんでも自粛すればいいなんて、思わないけれども。

あの数字には金輪際驚くな、という結論になったのなら、早くそう教えておいてくれ、と思うのです。いつもながら。

2021年07月27 日 16時48分25秒

2021/07/26 11:15:07

いきなり無駄足を踏む

お仕事をお休みにして、しばらく家で過ごすことにしています。

もちろん貧乏暇なく、やろうとしていることは盛り沢山。先ずは、事務仕事を済ませよう。どうせなら、出勤代わりに徒歩で二駅先の銀行を往復してこよう。

と、午前10時、歩き始めます。東京は昨日までより少し風があって楽かしら。今夜から雨だというしね。

到着しました銀行から、歩道に溢れるご老人たちの行列を見て、こんな時間あるときくらい並べばいいのに、即時引き返してきました。で、午前11時。片道三十分。坂を降りて登って降りて登って。まあ、いい運動になりましたか。収穫は、何もないけれども。

で、つけっぱなしにしておいたNHKでソフトボールの試合をほんのチラッと見る。ほんの数分みただけで、あまりにも上手な両軍の守備に舌を巻きます。上手下手よりも、気持ちの入り方が違いすぎて、稲葉監督が心配になります。いや、逆に気持ちの入り方が空回りするだろうかな、と心配です。

月曜日。いきなり、無駄足を踏むの巻でした。

2021年07月26 日 11時15分07秒

2021/07/25 10:27:21

きみの知らないうた、ご視聴ありがとうございました。

今月もまた、ざんねん無念の無観客配信になりました。十二月から連続八ヶ月であり、四月上旬の隙間に行われた投げ銭ライブが今や、奇跡のように思えます。まさかの緊急事態宣言です。そんなもんとオリンピックが併立するわけがない、という常識的見解を打ち壊された結果です。きっと、今月は皆さんとお会いできる、そう期待して日程変更もしましたっけ。

実際、季節のうたよりも、今月は、歌いたかったうたがいくつもありました。自然と手で拍子をとりたくなる瞬間が、やっぱり恋しいのでしょう。先月、七月こそはと、そういう曲をノートに並べている無邪気な自分がいました。

ほら。今プロ野球でも、声は出さずとも拍手の多様さで応援を繰り広げているではありませんか。声がなくとも、人が居さえすれば雰囲気は出るというものです。現実まだまだ、マスクを外した人たちで満ちた客席を見るまではしばらくかかりましょうから、ならばその分、手が腫れるほどの雰囲気ってのに、焦がれるではありませんか。(いや実際は、草野球では内外から声出しまくってるのを、昨日も見かけましたけれどもね。)

そのセットリストを、白紙にしました。そりゃあ、この口から恨み節も湧いて当然です。

いやいや。気を取り直そう。あらまほシリーズ。聴いてるみなさんによる選集が完成したのです。これのご紹介をしなくちゃね。僕はこれも含め、まだまだこれから出会う人との時間を充実させられる歌い手にならなくちゃならないというプレッシャーを自分にかけているのです。

まだまだ、まだまだ。商品として未熟な自分と、社会的動物として年月をかけて培ってきた自分と、そこから生まれゆく作品たちと。それらがちょうどよく結実する瞬間を目指して、来月を目指して過ごしていこうと思います。

終演直後、配信チケットをお買い上げの方リストをお店からもらっています。こんな体制になってしまうまでは、そこまで意識したことはなかったものですが、お一人お一人との出会いを毎朝ありがたく噛み締めて過ごす、にいまるにいまるです。

そして、梅雨あけしたみたいである、という日が始まってからの連日の暑さと、それとの攻防の中で蓄積した疲労のようなものが、襲いかかってきたようです。ええと、まだ日曜日だから、休んでてよし。ってことにしよう。

2021年07月25 日 10時27分21秒

2021/07/22 07:43:38

22日の朝になって気になることは

今月のシブイさんの営業収支というか、売上現金有高の差異が発生していることです。

と、書いたところで思い当たった点を修正してみたところ、差異がゼロになったので、ひと安心です。システムは適切な運用をしてはじめて、システムとして有効化するものです。話題のバブルを見れば明白です。

先週の月曜日の段階では、まだ、ところによりにわか雨がありますよ、という予報だったと思います。それがなく、割合暑いまんま十日ほどが続いていると思います。僕は自宅に水瓶を備えて雨水を集めているので、はっきりわかります。今朝ほとんど枯れました。全然降っていません。

それがためなのか、つまり身体がまだ季節の変化について行けていないのか、職場の気温が高くて、なんと練習になりません。ふた部屋の防音室両方とも、同じく。

と、僕がひとり毎日言っているのが、おかしいなあおかしいなあと思っていたのですが、感染対策を口実に普段ほとんど喋らないように接している同僚の小浜田知子も、昨日は、もうだめですと言って帰って行ったのです。僕だけじゃないということです。

大体、2時間ほども空き時間ができたら、僕らはそれぞれ練習をしています。余談ですが、だから同僚とは名ばかり、会話もほとんどなければ、食事など一度も一緒にしたことがないのです。そこがお互い、合致しているのが我々の幸運なところだったでしょう。余談でした。

しかし昨日は、空き時間に練習をするよりも、自分の身体を部屋から出して、部屋の温度を下げてみよう、という行為を、二人ともやっていたのです。無論、空き時間が別々でしたので、別々の時間に。

その空き時間に僕はといえば、こんなことは後回しにしようと思っていたのですが、作品集わと途を、ラブレコードに発送するために梱包して午後5時5分前に郵便局に駆け込みました。

だからなんと、ラブレコードのご都合次第では、今週末にも販売開始になります。本当は、明日のライブで、カウンターにおくはずだったのです。野菜の無人販売所みたいな料金箱とともに。

明日のライブはいつもよりも、早い時間の開演のままです。8時までには終わります。世界にその偉容を語るべき東京のオリンピックの開会式映像を、見ましょ。5年前に東京を紹介する映像を見て、やっぱり東京って世界に誇るべきものはたしかにある町なんだなあと感心したのを思い出します。育った町のせいか、ご謙遜の自己卑下みたいな言い方ばかりしているけれども。

僕は僕で、恨みがましいことは言わず、自分を発表します。まだ実は通しリハをやっていません。そうです。暑すぎたこともあり、結局全体を通す時間がなかったのです。今日はなんと、近所の区民センターを予約しましたよ。きっとそこは、涼しいはずです。

暑さのせいか消耗が激しく、息も絶え絶えな時間が多い日々です。金曜日開演は5時半を予定しています。先月同様に、田森理生と少し一緒にやって、田森理生に時間を委ね、その後おそらくは6時半くらいから、歌います。

2021年07月22 日 07時43分38秒

2021/07/21 20:10:20

今朝7時40分

ヤマト運輸が荷物を持ってやって来て面食らいました。

そうか、東京都内は交通渋滞するから配送は使うな、というお達しが出てるんだったっけ。

だからって、その時間か。つくづく日本人は従順で勤勉だと思います。そして、流石の恐怖の大王が実力行使を始めましたよ。

2021年07月21 日 20時10分20秒

2021/07/17 05:00:00

あらまほシリーズ

かねてより、というか一昨年の春に、リスナーグループによる選曲のアルバム、あらまほシリーズのわ、及び途、が完成しました。通常のライブに準じた、重ね録り一切なしの一発録音です。

改めて、あらまほシリーズの説明書きをここに記します。

あらまほし、とはあらまほシリーズと呼んで、リスナーのかたからのリクエストによって選曲構成されたアルバム、ということを意味する記号です。

つまり、このアルバムの曲順を含めた選曲は、リスナーご提案のものであり、独りよがりに陥りがちなセルフプロデュース作品集とは一線を画す、間違いなく一聴の価値ある代物、という意味です。あああらまほし。

以上。


随分とお待たせしてしまいましたが、ご意見をうかがいながら環境を作りながら、何度も何度もやり直しをしてきました。

自分自身でも、二年をかけてようやっと、これなら、と思える環境に辿り着いた点は、すごい達成感があります。おかげで、こもりうたはどうですか、の最近のテイクは音質が大きく変わりました。今後かつて制作した頃よりも完成度の高いものが残せる土壌が出来たことで、大きく未来が広がりました。ですので、随時企画募集いたします。


とても残念なことは、今月のライブ会場でお披露目のつもりだったのが、またも無観客配信になってしまったことです。次の機会は8月27日になってしまいます。実を言えば8月20日に昨年同様に渋谷でイケフェスが予定されていて、そこでワゴンセールみたいに販売することもイメージしていましたが、何某宣言によってその予定も飛んでしまいました。

この度は、完成したよ、というお知らせでした。販売については、また追って。

2021年07月17 日 05時00分00秒

2021/07/16 10:28:11

二十何年前のべんべんにかけてあげたい言葉

リクエストにエコロ気だとか華麗な夢をうけて、あらめて、華麗な夢を聴いてみました。そこで今、歳をとった僕が彼にかけてあげたい言葉が浮かびました。

確か当時もう28歳くらいになっていた筈だけど、小学生男子の発想を失うことなく、言葉遊びは高校生以上くらいはできて、まあまあ上出来。今後に大いに期待しよう、ただし、ゆめゆめ大観衆をイメージしてはなりません。そういうものじゃないんだから。

と。

でも当時の僕には、万が一でもたくさん売れることの方が喜ばれるので、イコールメジャーとまでは言わずとも、CDのロット単位で増やしたり、会場もどんどん大きくしていければという方向にしか考えが向かず、挙句行き詰まったことを思い出します。

ちがうから。そういうタイプじゃないから。


でね。

華麗な夢について思い出すことは、岡崎がでっかいA3くらいの五線紙に見開きに書いてきたメロディに、確か一箇所だけブルースって書いてあって(もう定かではない)、それ以外を僕が歌詞で埋める、という作業だったんだけど、それはそれは今でも楽しく思えるパズルですね。

ブルースという部分には、すこぶるすっきり、という言葉をあてました。我ながら秀逸だと今でも思ってしまいます。ばっかだよなあ。いや、もしかしたら岡崎がこのフレーズをだけは持ってきていたのかもしれません。それも、ばっかだよなあ。ばかは死んでも治らないくらいじゃないと、だめだよなあ。

で、おまけですが、華麗な夢と全く同様の方法で、無纏の旅も有醜の美も作りました。すなわちこれらは、いわゆる世の主流の曲先というやつです。逆にエコロ気や無情の人は、当然に歌詞先ですが、例えば粗暴の町はサビは僕の言葉とメロディが先で、他のパートは岡崎がメロディを持ってきたきたところへ、やはり僕が歌詞を埋めていったのでした。ミクスチャですね。なかなか最近はそういう機会がないなあ。

2021年07月16 日 10時28分11秒

2021/07/14 14:19:32

近所の狭い空き地の話

について、書いたっけか。と見直してみたら、書いていましたね。

あの空き地、コインパーキングになりました。あまりのがっかりが、恐怖の大王の為せる何かなのかどうかも判らぬまま、何日も過ぎてしまいました。

こういった写真、インスタグラムに載せてます。と、時々はそんなことも書いてみましょう。

2021年07月14 日 14時19分32秒

2021/07/09 17:00:00

居酒屋緊急事態宣言により、居酒屋ではないけれども、池袋フィールドは再び休業状態に入ることになりました。

よって

7月23日金曜日 きみの知らないうた 開演17時半 も、無観客配信による開催に切り替わりました。

今度こそはと楽しみにしていたし、実際たくさんのご予約をいただいていたのですが、無念です。


ご予約いただいていた皆さま方、またお会いできる日が遠のいてしまいました。

あらまほシリーズのCDの発表もあったのですよ。それも、おあずけになるのです。

セットリストも考えていたのに無念無念。とばかり言わずに、この先を目指す内容に変更したいと考えています。

無観客配信の利点はあるにせよ、それに慣れすぎないように、ささやかでも冒険はしようよな、という思いで、準備をしていきたいと思います。

よろしくお願い致します。


2021年07月09 日 17時00分00秒

2021/07/08 11:23:59

凄い狭い土地

バス通沿いの、地主さんの敷地の一角に、もうとっくに潰した会社の社屋だか倉庫だかがあったのです。

奥行き2メートルから3メートル程度。幅は10メートル強かしら。

二階建て風の建物が売りに出ていたけれど、使い道はなさそうで誰が買うとも思えなかった通りに、ある時更地になり、その狭さに再度驚いたものでした。

僕が真っ先にその土地の利用方法として思いついたのは、今はやりの、シェアサイクルのポートです。

もちろん、すごい近所であるからこその願望も含めて。でも、実際それか、屋台でたこ焼き売るしかない広さですもの。

駅からは最も遠い地域であることからも、やはりシェアサイクルポート一択。

と、睨んでいたのです。

つい先々週、配電盤と柱が立ち、いよいよ電気が通ったのを見て、ついに来たか!と、そわそわしています。

夏になると雑草が背丈ほど伸びるので、その前になんとかしろよーと。でも、この場所の雑草は放置されているがためか、小さな花がたくさん咲くので、気に入ってもいるのでしたが。

2021年07月08 日 11時23分59秒

2021/07/07 07:07:10

基本は忌中気分ですが

久しぶりに、歌が歌える余裕ができそうで、それならばその前に弦も張り替えるべきかしらんという水曜日になりそうです。

僕は志村けんよりも大島康徳の方が距離がずっと近かったんだってことに気付かされたこの頃です。小学生の頃から知っているのは同じなのに。たしかに僕はあの頃、親から野球気違い呼ばわりされていたからなあ。

2021年07月07 日 07時07分10秒

2021/07/07 06:04:39

こもりうた企画の音質は、ボイスメモレベルにしてあります。

これは、こっそりと、歌い上げることなく、慰め程度のエネルギーでうたうのが、こもりうた、だから、録音側も(反復練習はするけれど)リキを入れないで作ろう、と言う意図でありました。

が、ここへ来て環境が整ったので、こもりうた録音レベルを今後はぐっと上げてみようと思います。

しばらくはまだストックが流れますが、その時がきたら、気がついてもらいたいものです。

2021年07月07 日 06時04分39秒

2021/07/05 06:33:34

二重更新がありました。

土曜日の夜、更新されたこもりうた、は、すでに5月に使用していたものが再び載ったようです。

二重投稿チェック機能。みたいなものがあると安心なのですが、通算51曲めだったようです。つまり僕のメモリは50曲ぶん、という言い方もしてみるのは面白いかな。

マスターファイルを書き換えましたので、先々更新の分を繰り上げて、改めて今夜、更新させていただきます。

2021年07月05 日 06時33分34秒

2021/07/05 04:13:05

コンビニ袋に使用済とペン書きして、使用済みマスクをしまっていきます。

最初のうちは、週に一度程度、洗剤を擦り付けて洗っていました。

あれから一年強。さすがに初期のものの多くは干したらもうゴムが切れてしまい、そのまま清掃用途にして、シブイに置いてあります。これで後腐れなく捨てることができます。

少し心身が疲れ気味の今朝、またも雨が降り途方に暮れながら、ふと思い出して見てみたら使用済袋が、かつて見たことがないほどパンパンに詰まっていました。迷わず時間をかけて馬鹿丹念に洗って、干しました。なんと三十一枚ありました。一ヶ月分ですね。

つまり、今まで一ヶ月分ほど溜めたことはなかったということです。


まめだな。

どこをとっても自慢にならないし、人によっては不快な話なので、検索に載らない場所にこうして書いているわけです。

僕の総合的感想は、まめだな。に尽きます。よくやるよまったく。

でも、おかげでいただきもののマスクの半数は未開封で置いてあります。感謝を忘れずにすみます。これでどうだろう。自己満足にはなります。まちがいない。

それにしても、こんな早起きしていたら、昼寝が必須になるわけですよ。

2021年07月05 日 04時13分05秒

2021/07/04 05:12:05

雨の朝が続くことで起きることは、朝の徘徊ができなくなること。すなわちあさひを拝めなくなること。

そして、自転車通勤が億劫になってしまい、電車を使ってしまうこと。すなわち、チャージしてもチャージしても無くなってしまいます。定期券の偉大さを感じかけています。

でも、定期券をやめてから一年弱、見事な節約になって来たのだから、この時期くらい、いいじゃないか。月次支援金を申請すれば。というオチになります。

2021年07月04 日 05時12分05秒

2021/07/03 17:27:08

大谷翔平は一人で私たちを負かした

という見出しを見かけました。

そりゃもう、あそこまで化け物を通り越した活躍をされては、そう言わざるを得ないですよね。

本当にまるで一人で野球をやっちゃうんですもの。

久しぶりに、自分の書いた歌詞を思い出しました。

2021年07月03 日 17時27分08秒

2021/07/03 11:05:13

はじめまして。『復縁請負人』こと「つむぎ」と申します。

誠に勝手ながらあなたのことを簡易鑑定させていただきましたところ、どうやらあなたから強い復縁の兆しが表れていることが確認できました。

この兆候は、恐らくあなたの近い将来のことを示しているのではないでしょうか?

私は『オーブの光』という占いサイトで鑑定師をしておりますので、もし強い復縁の兆しの詳細をお聞きになられたい場合は、ぜひいらしてみてください。

あなたにとって、とても良いお話ができると思っています。


<<鑑定の続きを聞く>>



というメールが届きました。

うーん。これは歌にはならないなあ。いや、ならないものをこそ歌にしてみせるのが、われわれの使命であったかしら。

2021年07月03 日 11時05分13秒

2021/07/02 07:14:54

ボイストレーニング体操第一

を作らねばならない。んだなあ、結局。

2021年07月02 日 07時14分54秒

2021/07/01 00:00:01

ギリギリの攻防になるとは思わなかったけれども

無事に渋井銀三郎のこっそり毎日ボイス、の雛形を作ることに精を出せました月末。

と同時に、ええいと作った銀行口座に、あっという間に現金が入金できたのがびっくりだった月末でした。

そんなこんなで、月末締めがどのような塩梅かまでは、不明のままです。

2021年07月01 日 00時00分01秒

ご挨拶

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • LINE登録
  • お問い合わせ
ページのトップへ戻る