シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

トップ > 

日日是策案日記  ( 2021-10 )

2021-09< 2021-10 >2021-11

2021/10/19 07:22:24

はやりもの 、ラブレコードにて販売開始

昨日十月十八日より、ラブレコードにおいて通販開始となりました、はやりもの です。

そういえば、ライブの前に久しぶりにフルで聴いてみたのですが、楽しかったです。自分で作って、自分で聴いて楽しかったのだからまあ、お幸せなもんです。

少しでも皆さんのお耳に合えば、とは切に願います。これでも僕の好みに偏らず、聴きやすくまとめてみています。これ以上大衆化するにはやはり、能あるディレクターの手にかからないと、無理でしょう。一人で作る限界です。というくらい、史上最もきれいに出来てはいます。

まあ何せ、発売の日にほぼ全部歌わないくらいですから、特殊な作品集ではありますけれどもね。

これからしばらくは、リミックスなど片手間に行いながらも、新しいものを作っていくモードに入って行けそうかな、と思っています。

2021年10月19 日 07時22分24秒

2021/10/17 09:48:25

ライブお集まり、どうもありがとうございました。

昨年ひと頃槍玉に上がって、また今年もそこここでライブハウスも、感染症拡大は確かに症例がありましたから、閉じてしまったところもあれば、我関せずと通常営業を続けて来たところもあれば、時間短縮して営業を続けて来たお店もある中、慎重な対応をされて来た池袋フィールド。

僕がコタンを去って即時ほとんどその足で扉を叩いたのが、2016年の3月でした。最初は試用期間でしたが、毎月のイベントをゆるされてそろそろ、まる5年になります。今回ご来場の皆さん、久しぶりにデカデカと貼られたポスター、ご覧いただけたでしょうか。

僕がこんな待遇、他所では決して受けないです。開演前、僕は田森理生と話をしていて、こんな風に例えました。僕は人生で一度だけ賞状とトロフィーをもらったことがあるけれども、それに匹敵する処遇であると。だからまあ、帰属はしなくとも寄り添う姿勢をあらわしていたいのです。おかげ様、なのです。

前置きが長くなりましたが、ご来場の皆さん、ありがとうございました。同時に配信をご覧いただいた方もあったようでしたね。ありがとうございました。

笑っちゃうくらいのプレッシャーでした。直前十日というもの、お仕事はなんとかつつがなくこなしていました。が、直前一週間は準備と称して毎日、このセットリストを全曲録音しながらやっていました。だから毎晩指はぎしぎしのクタクタでした。最初は声ももたないくらいの詰め詰めの内容でした。(90分弱で22曲を予定していました。)

やらねばならない他のことたちは結果的に意識散漫で片付かず、今日から取り掛からなねばなりませんが、こんな風に準備をして臨めてよかったなと思います。この一年は、修行でした。その結果を示さなければならない。確実に、完全に、満足して帰ってもらわなければ、ただの、ご趣味にお付き合いどうもありがとう、で終わってしまいます。

そうではありたくなかったのです。悔しかったです。七月は絶対オリンピック開会式の日だから、こちらも開催できると信じて目指して日程も変えたのに、結局オリンピックだけが特別例外だなんて。おかしな話ですもの。絶対にそれだけは納得がいかなかったのです。

それからも三ヶ月です。時がどんどんするすると実感のないまま流れ去っていきます。おかしな時代になりました。

でも、十月十五日、この無情な無常な流れに楔を打ち込むことができました。

夢見る力を侮って真面目な人ほど笑われて

市井の、特に注目されるわけでもない、たかが歌ですが、たかがギターで、たかがライブハウスですが。自分にはもったいないくらいの演出、あの音場。そして何より、みんな暗がりでマスクしているから表情は分からないけれども、大きな拍手とハミングと、時折そこかしこで揺れるイイヨーカード。僕たちは今年もっとも、この上なく楽しい一つの桃源郷を作りあげられました。

これが全てです。

配信の、とある月の開演直前、張子さんが忘れられて並んでいなかった時があり、僕が、張子さんは?と冗談めかして問えば、慌てて最前列に並べてくれたんです。こんなつまらないこだわりにも、即座に対応してくれるようなフィールドの姿勢にも、僕は応えられる人になりたいのです。

来月がどんなことになるのか、誰もわかりません。でも、今月、確かに十月を、みんなで確かめることができて、2021年を生きた記憶を作ることができました。少し心を落ち着けて、自分なりのくらしを続けて、あるいは始めて行けるような、おかしな気がします。

また、会えますように。

※5タイトルの作品集を並べて、野菜販売所みたいな陳列をしましたが、間違えてお代入れに、誠意入れなどと書いてしまいました。あれはさすがに間違ったなあと思いながら、歌っていました。お買い上げ、ありがとうございました。この時点でもまだ、袋に入れたまま数えていませんが、これでちょうど今月迫っていた、音楽配信を担うサービスへの支払いができます。

また、当日発売の、はやりもの からは、一曲だけ、というさすが緊急事態あけのセットリストでした。本当は、アンコールでは、さよなら餃子愛好会を予定していましたが、タイムリミット九時を守るために端折りました。

2021年10月17 日 09時48分25秒

2021/10/16 07:37:01

忘備録

久しぶりに対バン。池袋フィールドでの12月1日(水)「Dual on Stream」出演の予定です。

2021年10月16 日 07時37分01秒

2021/10/16 07:26:39

お礼はゆっくり書きたいものです

失って初めて気がつくことがあるとは、よく言ったもので、決して僕だけじゃなく、一緒に会場で過ごした我々がいっとき失っていたものの大きさが、身に染みるような時間でした。

お仕事に戻る前に、ひとことだけ。ありがとうございました。


そして無観客配信で学んだことの一つだけ、今朝は書き記しておきます。

いつも、いつでも、飽きたり冷めたりして客席から人が去っていく自由は、あります。

だけど、今ここにいる人が急に席を立つ確率は、さほど高くはないものです。

それは、信じていいことであるということ。だから、ちゃんとやれ。という当たり前のこと。

2021年10月16 日 07時26分39秒

2021/10/12 11:03:09

基本ぼんやり人生。

なのは、僕は嵩にかかって来るタイプの人間が苦手なのです。

はいはい、今、あるいは今後私を支配したい、或いは言うことを聞かせたいのね。わかりましたそんなに力まなくても、そのように言ってくれれば私は出しゃばりませんし、なんなら客観的に私が損をしてでもあなたに道を譲りましょう。(そこでついでにニヤニヤしてしまうのもイケナイ)

という態度が小さい頃から身についているのです。まあ、そんな親の躾のおかげと思えることはとても多いので、異論などありません。でもだから、僕自身が他人に対してそのような振る舞いに出ることはありません。自分の嫌がることは人にはしない、の原理です。

でもこれ、大きくなってから分かったことなんだけど、自営業者とか、自分をアピールしてナンボ(仕事を得られる)の職業の人たちの基本姿勢なんです。つまり整理すればそれをやって、チャンスを得てキャリアを積んで、それなりの人になっていくのです。だから、その姿勢こそが第一歩なのですね。

しかし、そういう姿勢で人と対峙することが苦手なまま、それでもなんとか好きなことを続けさせてもらうためにしがみつき、堪えなければならない場面では耐え忍び、こんな柔らかめに見える人柄だけを頼りに生き延びて来たのが、歯痒いほど大人になれない、この僕です。

結果、だからこそ、僕にはチャンスというものは巡って来ませんでした。いや後から考えてみると、例え順番として来ていたとしても、ぼんやりと、どうせ僕には次など来ない、欲しい欲しいとよだれ垂らして尻尾降っている人たちが掠め取っていくのだと、諦めて見送って来たのが実態でした。

一見わかりにくい、穏やかなる負けん気のおかげでようやくギリギリ、それなりの落とし所に収まっているのでしょう。夢見る力を侮って真面目な人ほど笑われてなるほどのそれなりの人生を受け止めているのでしょう。

でもなあ、いつまでもそれでは、もったいないよなあ。アピールしてなんぼの世界に生きて、それをやらないなんて。だって、微力ながらも、僕や僕の言葉を踏み台にして前へ上へと進んだものたちは決まって、僕のことなど忘れたフリをするのです。と、今、書いてみて気がついたのですよ。やっぱり書いてみるもんだなあ。

そ、そういうもんだったか人生。と。目を抜かれっぱなしじゃん。感謝ばっかりしてないで、抜きかえしてやらないと、な。

相変わらず、はためには分かりにくいだろう闘志を今、自分の中に感じています。

2021年10月12 日 11時03分09秒

2021/10/11 18:27:36

弦を買う

御茶ノ水まで、弦を買いに走りました。そうだそうだ。10年前は、弦を買うことも出来なかったっけ。今はシブイさんの経費として使うだけの余裕がある。だから、どんなに落ち目と思っても、今はまだあの頃よりもずっとマシなんだ。と改めて思いながら、学生の少ない学生街を自転車ですり抜けた午後でした。

2021年10月11 日 18時27分36秒

2021/10/10 07:57:46

このページが更新されると、ペンツマンレコーズオンラインのTwitterがそれを告げてしまう仕様なため、例えば今回のようにおかしな組織から数秒ごとに大量に更新されてしまうと、えらい迷惑を被るわけです。

お騒がせしております。原因は不明ですが、なんとか復旧にむけて作業中でございます。

2021年10月10 日 07時57分46秒

2021/10/10 07:49:44

日記の書き込みテスト中

全く、そんなに暇じゃあ無いんだよとか言いながら、プログラムの書き換えを行っている朝です。この投稿が無事になされ、かつ、おかしな文字列が投稿されなければ、成功です。

はてさて。

2021年10月10 日 07時49分44秒

2021/10/09 07:04:56

フォームが割れる

という言い方では、全く意味が通じないことと思いますが。

以前利用してた、Seesaaブログでも、シブイブログ本体にも、時折コメントやトラックバックで、全く意味のわからない文字列や明白ないたずらリンクが貼ってあったりすることがありました。そうそう、シブイのお問い合わせフォームにも、年間に何本もそういうメールは届きます。その度に無視したり消したり、コメント機能をオフにしたりしてきたのです。

つまり、コメントを書き込むフォームのURLが外向けに開示されると、悪意のある人や人が作ったプログラムによって、意味のない文字列を書き込まれるという事態は、よく怒っているのです。が、このサイトの日記やニュースの記事入力フォームは、当然のこと僕が作ったおもてには見えない場所にあるのですが、これが、掠め取られたという事態が発生したというわけです。

その片鱗が、十月七日の、日記の記事。後学のためだけに残しておきます。この事態は、プログラム名称を一文字変更することで、昨日から今日にかけては同じ現象が起きていないことから、回避できているかと思います。

そして眺めてみれば日記は空白が続いています。今月は気がつけばもう一週間が経っています。自分で設定したノルマに追われて、月末月初が見事に多忙気味になっています。このノルマ、見事なくらい時間を要するもので、確かに、緊急事態のおかげでできてしまった空白を埋めるには上等なものでしたし、おそらく今まで苦手だからと回避してきたことへの挑戦へつながって来ているとは言え、まさに差し引きなく、一銭にもなりません。時々それを考えて、この社会では無駄でしかない時間である、父が毎日酔っ払って2時間ドラマを見続けているのと同じである。などと考えて、下を向いてしまうこともあります。


しかし、ようやく散らかった机の上も片付いて来ました。

人並みのことが最低限一通りできる人間になれなかったけれども、その代わり、僕しかやらないことはできそうです。そして、それをやれている間だけは、心が落ち着きます。没入します。

2021年10月09 日 07時04分56秒

2021/10/07 07:21:43

いちろくはちぜろはちごきゅう

が、枯渇していることは承知している。多分残高を書くと皆さんが僕の正気を疑うので書かないでおくこと、に成功しました。日記も一日置いておくのは、有効です。

あとさきのことを考えると不安だけども、クレジット払いのフィールドのチケット購入はありがたかったわけです。水曜の夜が空いたので、久しぶりにフィールドに出向いたのです。

まあ、都内のライブハウスが全面休業しているわけでもなく、たまたま自分が出ているお店が、感染拡大防止政策に完全に則っているためにお休みしていただけです。

それでも久しぶりに入客を再開したこともあって、喜んで客席に陣取ったものでした。いやあ、でかい音だなあ。いいなあ。横のお客さんも身体を揺すって聴いてるよ。マスク越しで性別背格好くらいまでは分かっても年齢は全く分からないわけだけど。そんなものはどうでもいいのです。共有しました。いいな。やっぱりいいな。

張子さんに挟まれながら、1時間半ほど、堪能した夜でした。支払いのことは、まだ考えないことにします。

2021年10月07 日 07時21分43秒

2021/10/01 13:00:07

お試しスポティファイ出勤

はやりものの作業を終わらせたのは、もう、聴き飽きて聴きたくもない、という境地に到達したためです。

で、待ち構えるように準備しておいた、わらいごと、の歌入れも、ぎんざぶろうもすでに準備はあるけれど、月末のつまらないお金の計算のあとだし、やる気がしない。

というわけで、Spotifyを立ち上げて、石村吹雪を検索窓に入力して、雨の道を歩いてみました。

日曜讃歌、あなたのようでありたいと、三日坊主、エフをあきらめて、オーバーエイジ、連休、ほら風が来ているよ、逢坂より、おつり、初心表明演説、かなしみのはて、などと、広告を挟みながらたたみかけられました。

なんという脈絡のなさ。僕はただただ一つ一つ、作った頃のことを思い出そうとします。

ま、たまにはそんな日もいいか。

例えば、このランダム再生が終わるまで酒を飲み続けられるかと言えば、僕の肝臓はもたないし、それ以前に眠ってしまうことでしょう。既に、そんな曲数になっています。


あんまり好きなことではなかったけれども、このランダム再生はもはや自分が自分じゃなくなってリスナーになったような気分で聴けるとも言えますね。

そしてもう一点、大事なことがあります。こういうサービスは他にもあるんでしょうがアップルでも、Googleでも、もう何が何だかわからないけども、再生してもらうだけで、どうやら収益になるらしいのです。よ。

そんなもん、昔で言うところの雀の涙だろ。くらいに思っていたのですが、沢山公開したのがよかったのか、数うちゃ当たるわけですよ。世界中で偶然再生されるわけで。

今年に入って再生数が右肩上がり。どこまで行くんだろう。だって僕も久しぶりに聴いたくらいだから、僕以外の誰かが聴いているわけだから面白いな。例えばこのまま右肩上がって一ヶ月で一万円位になったら、これはオオゴトですよ。オオゴトはイイヨー。みなさんも、月に一日だけでいいです、そんな聴き方をしてくれたら嬉しいなあと思います。

てのはね、CD媒体の売れなくなった時代、写真売ったりシャツ売ったりは外道だしな、とか思うしね。

逆転なんかないのは分かってる。だけど、コールド負けは逃れたい。そんな気持ちにさせてくれる仕組みではあるんです。

2021年10月01 日 13時00分07秒

2021/10/01 00:00:00

百年後の日本のあなたへ

私は、西暦で言うところの2021年10月現在、東京在住、生業のかたわら歌うたいをする52歳男性です。主な生息域は比較的狭く、自宅と職場、およびライブハウス。そして、ときどき旅するのがささやかな楽しみの、地味な人生です。

さて、記録にも残っているでしょうか、2019年12月に中華人民共和国湖北省武漢市で初めて検出された新興感染症、Covid-19が、瞬く間に世界各地に広まりました。本日現在、世界の死者が470万人を超えました。日本国内においても優に1万人を超えています。

以下延々と続く、CD作品集 はやりもの に挟み込む内容を推敲中。振り向かない現代の人よりも、未来に届きますように。

2021年10月01 日 00時00分00秒

ご挨拶

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • LINE登録
  • お問い合わせ
ページのトップへ戻る