Warning: file(txt/index/202403indexdiary.txt): failed to open stream: No such file or directory in /home/fubuki/ishimurafubuki.com/public_html/php/defines.php on line 70

Warning: rsort() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/fubuki/ishimurafubuki.com/public_html/php/defines.php on line 71

Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fubuki/ishimurafubuki.com/public_html/php/defines.php on line 75

Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fubuki/ishimurafubuki.com/public_html/php/defines.php on line 75

シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

トップ > SONGS >ALBUMS | 作品集

おかえりなさい

前へ
次へ

端緒は五十の声

30、40と、歳の区切りに歌を作って来ました。ある日、それを覚えていた方より、50も作ってみたらどうかと声をいただきました。

ならば2022年、自分と同じくらいの年代の人たちに向かって、お疲れさま、でもこれからだよ、道半ばだよ、どうかご無事でと声をかけるような作品集を作ってみようと思いました。

時代



なんじゃなんじゃなんじゃそりゃ

どうせこれもそうだろ
大きな声じゃ言えないやつだろ
別に恥ずかしいことなんかないけど
何をどおしたらばえるのか

時代はいつだって未来の大人たちのもの
いま流行りのいまは今の大人たちのものじゃない

なんじゃなんじゃなんじゃそりゃ

どうせこれもそうだろ
正面切っては憚られるやつだろ
いやもう恥ずかしいことなんかないけど
何がどうなりゃえもいのか

時代はいつだって未来の大人たちのもの
いま流行りのいまは今の大人たちのものじゃない

なんじゃなんじゃなんじゃそりゃ

おきもちだけでも



特別目をひく変わったことはもうしないよ
お金にたよらず時間をかけて愛にしよう

僕らは古びていく膝も腰も軋ませ
それでも目指す前をむいて

きみが好きと言っていいかな
きみが好きと言えばいいんだな
毎日はつづくけど新たな気持ちだよ

いつかは流行りに与する時が来るのかな
わがままするため冷たい風に身を晒して

履きなれた靴のように着古したシャツのように
お互い互いが一部全部

ありがとうって言っていいかな
ありがとうって言えばいいんだな
毎日は続くけどせめてそれだけは言おう

ただただただただ
きみが好きと言っていいかな
きみが好きと言えばいいんだな
毎日はつづくけどせめてそれだけは言おう

アグリ



世話の妬ける人の気も知らずに
ただ太陽と水をたより

背を伸ばし手を伸ばし
いずれ僕を抱きとめる

24時間ごとに雨が降るわけじゃないから
僕は水をあげる

手間の懸る人の気も知らずに
ただ太陽と水をたより

背が伸びて手が伸びて
そして僕は只管に

24時間ごとに光がさすわけじゃないから
僕は声をかける

夢のような夢の方へ繰り返す繰り返す

十年がんばっても百年がんばっても
実りあるとは限らない
僕は水をあげる僕は声をかける

おにぎり



平和を願うわりに不思議と嫌なことってあるのよね
だから心に描くのよあらまほしき物語

あなたを想いにぎる白い飯
あなたが笑う顔を作るため

思い通りの毎日なんて夢のまた夢のゆめ
今朝も両手で描くのよあらまほしき物語

あなたを想いにぎる白い飯
あなたが笑う顔が好きなので

新しい友達に出会えば明日がまた楽しみに
だからお腹が減らぬようあらまほしきおにぎりを

あなたを想いにぎる飯
あなたが笑う顔が好きすぎて
あなたを想いにぎる飯
あなたが笑う顔が見たいだけ

はしる理由その一



腿が上がる幸せを
今朝もひとり噛み締める
永遠に続く命より
怪我をしないからだ

涼しい顔



押しつけがましくならぬよう
おきもちばかりが届くよう
あなたをおもう気持ちは
いつも溢れるほどだから
ようやく覚えた涼しい顔

嫌味に聞こえてならぬよう
心を砕いたつもりです
あなたをおもう気持ちは
いつもほどほどでは済まず
今日も巧みに涼しい顔

決して重荷にはならぬよう
期待のしすぎにならぬよう
あなたをおもう気持ちは
いつも手加減しているよ
今日も上手に涼しい顔

いい目覚めのために



今日から心を入れ替えて
いつでもありがとうが言えるように

言葉にするほど虚しいものは
言葉にしない怒り悲しみ
言葉にしない恐れ憎しみ

いわれのなかった気の毒をも
笑って受け止めるいい目覚めのため

後になるほど悔やまれるから
言葉にしない妬みや恨み
言葉にしない悩み苦しみ

意地でも言葉にして来たのは
良からぬ癖だと捨ててゆこう

言葉にならないものはそのまま
言葉にしない思い煩い
言葉にしない惑いや迷い

言葉にしない怒り悲しみ
言葉にしない恐れ憎しみ
言葉にしない妬みや恨み
言葉にしない悩み苦しみ
言葉にしない思い煩い
言葉にしない惑いや迷い

なつのおわりぬ



朧月影たつ水面目を凝らすのも忘れつつ
風が運ぶか波が誘うかいずれにしても夏の終わりぬ
わたしはおもうあのひとを
わたしはおもうかのひとを

霞む山陰流れ雲時があらわにするを待つ
風が運ぶか波が誘うかいずれにしても夏は終わりぬ
わたしはあえるあのひとと
わたしはあえるかのひとと

波風雨は夢のごといともしずかに陽は落ちぬ
風が運ぶか波が誘うかいずれにしても夏の終わりぬ
わたしのおもうあのひとの
わたしのおもうかのひとの

おしえ



かつてここらできついことあったって
誰に訊いたって真相は胸の中
どこにでもある話特別なことはねーと

春のようです春のようです
いつのまにいつものように
会いたかった人も冬を越えて
示し合わせたように顔を見せる
あいたかった あいたかった

僕らあのとき自然から学んだ
ひとりの時間増えたのはひとりごと
空を見て空を見て思い出す人の名よ

春のようです春のようです
いつのまにいつものように
会いたかった人も無事なようで
示し合わせたように顔を見せる
あいたかった あいたかった

ヒトはヒトをお互いに思い出せる動物よ

春のようです春のようです
いつのまにいつものように
会いたかった人も生き延びたね
示し合わせたように顔を見せる
あいたかった あいたかった

はしる理由その二



同じ汗をかくのなら
痛い時にでるやつや
心配すぎてでるのより
さわやかなやつがいい

わすれてたでしょ



愛されたくてじたんばたんして
そっぽむいたと思ったら急に噛みついたり
君の隠してる過去に今さら感謝

僕が君に主役を任せたらどんどん大人になったね
今やよその心配ばかりして自分のこと忘れてる
おめでとう忘れてたでしょきみの誕生日だよ

愛されたくて求められたくて
大人しく撫でられるなり急に牙を見せたり
君を泣かせた時間に今さら感謝

僕が君に主役を任せたらどんどん大人になったね
今やよその心配ばかりして自分のこと忘れてる
おめでとう忘れてたでしょきみの誕生日だよ

君を泣かせた孤独に今さら感謝
僕が君に主役を任せたらどんどん大人になったね
僕はそばにいられたらいいんだこれだけを言う役になる
おめでとう忘れてたでしょきみの誕生日だよ

おかえりなさい



心配ないよなんとかなるよ
うまくはないけど死にはしないよ
身体のことやお金のことね
あることないこと繕うものよ

最後に君を見失った
ありふれた景色を忘れない

おかえりなさい おつかれさま
おかえりなさい 無理はするなよ
きみのなかで忘れかけてた
何かがお待ちかねだよ
        
細かいことが気にはなるけど
本当のところすぐ忘れるよ
元気でいてね気をつけてねと
出てくるのはただいのりやねがい

あれきり君に会わず仕舞い
忘れたら忘れたで困らずじまい

おかえりなさい おつかれさま
おかえりなさい 無理はするなよ
きみのなかで忘れかけてた
誰かがお待ちかねだよ

生きるかぎり人は巡る
愛するものもうつりかわるよ
懐かしい場所懐かしい人
いつか懐かしい自分にも

おかえりなさい おつかれさま
おかえりなさい 無理はするなよ
もて余してあの日諦めた
何かがお待ちかねだよ

ありがとう



ありがとう
いつもの道が今日は好きに思えた
隣にきみがいただけで

ありがとう
出会ったことは偶然でしかないけれど
永遠なんてないけれど

ありがとう
冷たい夜が待ち遠しくも思えた
隣にきみがいるだけで

ありがとう
ぼくの手を握りその胸に引き寄せた
永遠なんてないけれど

ありがとう
生きてくことが何故だか楽しくなった
隣にきみがいるだけで

Information

型番:PMCD-5222
発売:2022年 11月
価格:¥2,500

SHOP

 ラブレコード閉店に伴い、CD作品集をお求めの場合はご一報ください。ライブ会場にご用意させていただきます。
 遠方の方は別途ご相談ください。

ペンツマンレコードで購入

2022年の作品集として、作りました。

ご挨拶

ページのトップへ戻る