シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

トップ > SONGS >ALBUMS | 作品集

ああみれにあむ

前へ
次へ

-

ホームゲーム


日は暮れて
定時退社の皆さんが
それぞれのいろいろの思惑を秘めて
歩く走る急ぐ金曜日

僕の方は連戦疲れがまだ抜けず
満身に満面に汗をみなぎらせて
ホームゲーム

たとえ負けが込んでも
負けざまは勇ましく美しく
送りバントはあり得ない
見どころはファンならば知っている

ほんとかよ。牽制余興の隠しダマ
確率は一分でも見せる価値ある
ホームスチール

小賢しいっ外角高めのつりダマ哉
溜息が波を打つ継投策なんて
男目指すべきは完投だ 完封だ

かなり負けが込んでも
シーズン29連勝だってあるかも
フォークボールで逃げはない
見どころはファンならば知っている

たとえ膝が震えても
僕に代打はあり得ない
たとえ音がはずれても
見どころはファンならば知っている

ブルウ


無理もない 天気予報はあたらない
偉い人達も諦めた 現場は勿論投げている
無理もない 資格や免許じゃ威張れない
未経験者大歓迎 プロの技術など用がない

そんなんでいいのかなぁ
僕の存在理由も問われないなんて味気ない

あぁあこのまま 君を見つめていよう
あぁあ誰より君のプロになろう
どぉだ僕にかなう奴はいない

無理もないお手本はいつもアメリカだ
セルフサービスの気易さよ サービス原価はつりあがる
無理もない 先生の上司は先生だ
遣い回しの教科書と 様変わりしてく親子像

そんなんでいいのかなぁ
僕らの存在理由がここにないなんて味気ない

あぁあこのまま 君を見つめていよう
あぁあ誰より君のプロになろう
どぉだ僕にかなう奴はいない

無理もない 世の中は平等だ
僕も本気で望めば 子供だって産めるようになる
無理もない 原価計算されてない
僕のやり方に戦略はない 僕の歌では食えてない

こんなんでいいのかなぁ
僕の存在理由がここにないなんて味気ない

あぁあこのまま 君を見つめていよう
あぁあ誰より君のプロになろう
どぉだ僕にかなう奴はいない

嗚呼未練似暗夢


小判が出たという
良い話じゃないですか
夢に飢えてます 金はいりません
だったら嬉しい話じゃないですか

宝を探しに行きますか
それとも自分を捜しますか
千年に一度の年だから
素敵な自分に会えるかも

子供が出来たという
若すぎる父と母に
金に飢えてます 夢は知りません
だったら嬉しい話じゃないですか

宝を探しに行きますか
それとも自分を捜しますか
千年に一度の恋をして
悩める自分に会えるかも

お金が盗まれた
誰かが殺された
そんな事件に そんな話題に
花を咲かせてどうなりましょうか

事件を探しに行きますか
それとも自分で起こしますか
千年に一度の年ならば
素敵な事件を起こしましょうね

嗚呼未練似暗夢

090


新しい気持ちになっているのだろう
番号を変えたら忘れられるのだろう
人は自分よりも誰かや何かに
自分を変えて欲しいと願うもの

遠い遠い君は遠すぎる
今この涙を君に受けて貰いたいのに

気のきいた言葉が浮かばなかった夜は
ポケットの電話も虚しく震えている
自分で自分を変えていく強さとともに
支えるために必要なことがある

遠い遠い君は遠すぎる
今この泣き笑いから全部気付いて貰いたいのに

遠い遠い君は遠すぎる
声なき言葉で君と 言葉なき声で君と
繋がってるって伝わってるって確かめていたいのに

何にもならない


勿体ぶってあなたは夜半になってやってくる
少し笑いながら
いい人ぶってあなたはタバコの数気にしてる
五本目くわえながら

どのみち抱き合って目と目で交わって
何にもならないままの二人でありたいと思わない

訴えればあなたはすぐに会いにきてくれる
しかも笑いながら
繰り返せば私も今や慣れてきています
何故か笑いながら

目と目で交わって痛みを忘れて
何にもならないままの二人でありたいと思わない

11時半のあなたはいても立ってもいられないくせに
笑いながら

何にもならないままの二人でありたいと思わない

臭い人


みんなうすうすは気付いてる
どこか人知れず臭いのか

その気になればどうでもなると思ってる
いつなんどきでも隠せるはずと思ってる
彼女は僕を見て鼻毛を指摘する 嗚呼

その気になれば言い逃れると思ってる
返す刀で言い負かせると思ってる
彼らは僕を見て知識を披瀝する 嗚呼

みんなうすうすは気付いてる
どこが人知れず臭いのか
それは言わないで欲しいから
そして自分にはフタをする

やる気になれば出来るもんだと信じてる
機会があればきっかけがあればと思ってる
彼らは群れながら互いは刺激せず 嗚呼

みんなうすうすは気付いてる
どこが人知れず臭いのか
それは言わないで欲しいから
そして自分にはフタをする

錯乱の隣人


今朝は郵便受けを見つめていました
2センチはみでた請求書
この中にあなたへのパスがあったなら
手に入れてみたい

私錯乱しています 人目の陰から
とても普通と言えません 薄目の先まで
あなたをおもうばかり

今朝は洗濯機を見つめていました
一枚二枚も変わらない
ひとときあなたへのパスになったなら
帰れなくていい

叶わない夢なんてないと
ヘーデルの言葉に賭けて

男30なら未練はありません
テレクラ利用の恋なんて
出会いのチャンスに限りがあったなら
こうするしかない

私錯乱しています 人目の陰から
とても普通と言えません 薄目の先まで
あなたをおもうばかり

ほとんど泡


ほとんど泡だよ 気を付けてね
おビールなるモノ 夜の宝
迂闊に注げば 損な気分

働かなくちゃ 養わなくちゃ
人はまたビールに酔う

ほとんど泡だよ 落ち着いてね
すぐほらのまなきゃ意味がない

ほとんど泡だよ 気が付いたよ
気合いばかりでは 空回るのだ
一人で飲んでる そんな気分

負けられないぞ 風邪もひけないぞ
人はまたストレスに酔う

殆ど泡だよ 落ち着いてね
泡までのまなきゃ意味がない

働かなくちゃ 養わなくちゃ
人はこれをプレッシャーと呼ぶ

ほとんど泡だよ 気を付けてね
おビールなるモノ 夜の宝
迂闊に注げば 損な気分

おめでとう


おめでとうって言わないでって言わないで 今日は
確かにあなたも二十代とお別れ 今日で
年をとるのは素敵なこと
中島みゆきもそう言ってましたっけ

18から19へ あの日は春休み
19から20へ あの年も春休み
三月生まれはいささか寂しい
誰に文句が言えましょう

20から21へ あの夜はひとりぼっち
24から25へ あの夜も残業してたっけ
誕生日だけは年輪のように
なぜだか覚えていたりする

むっつからななつへ 四十路から五十路へ
そういえば私も二十代とお別れ 今日で
誕生日にはケーキを食べて
いやなことなんて何もなかった

おめでとうって言わないでって言わないで 今日は
若さには厄介な記憶力というものがある
昨日のことから忘れながら
楽しく老いていきましょう

おめでとう

言葉を知らないままならば


退屈しのぎのような関係と
照れながら彼が話すのを
その時は聞き流してはいましたが
なんだか寂しくなりました。

言葉を知らないままならば
醜い様もみせず済んだ
言葉を知らないままならば
二人は上手くやれたのかも

あなたが最後の人と決めたよと
真っ直ぐな彼の告白も
その時はのぼせた顔でいましたが
何故だか寂しくなりました

言葉を知らないままならば
子供のように笑えた筈
言葉を知らないままならば
二人は上手くやれたのかも

確かめたいときに欲しいのは
誰かの歌のようなものでいい
手垢に包まれた台詞でいい
懲りない大人の言葉がいい

言葉に縛られ導かれ
疑うことも忘れました
言葉を知らないままならば
全ては上手くやれたのかも

腑抜けた慕情


何故あなたは振り返らない
風よりも遠くに感じる
何もできない腑抜けた慕情
憧れとはほど遠い
うつつの抜けたこの僕の
夢でもあなたはつれなくて

いつだって僕のために朝日は昇らない
いつだって僕の夕陽はあっけない

何故あなたは気がつかない
かげながらお慕いしてます
決して届かぬ腑抜けた慕情
憧れとは絵に描くもの
気がつけば腑抜けの僕の
裸と右手はふるえてる

いつだって僕の噂は隙間も走らない
いつだって僕のニュースはあっけない

決して届かぬ腑抜けた慕情
傍らには燃えないごみ
この世の果てと自分の果てを
等号で結んでみる

いつだって僕のために朝日は昇らない
いつだって僕の夕陽は素気ない

余讃歌


くだらないと貴方は仰いますが
或いはつまらないと貴方は仰いますが

埼京線が今年も痴漢で名を馳せる
物知りのキャスターも首をひねって見せますが

埼玉県だ相手は埼玉県だ
東武の東上線は昔から有名ですよ それが事実

くだらないと貴方は仰いますが
或いはつまらないと貴方は仰いますが

ウィンドウズじゃ正午を午後十二時というらしい
差し支えない筈とマイクロソフトは言いました

完成してないいわゆる開発中の
或いは仕掛品で儲けているのです それは事実

笑えないと貴方はおっしゃいますが
或いはつまらないと貴方はおっしゃいますが
それでも私は誠心誠意言葉に致します

岡田弘は今日も待っているのか
本命が来るのを山頂爆発大噴火

北海道の地名は読むのが大変
明るい日本の未来を読むのも大変
いろいろと私は歌って参りましたが
決して反省しません
どうせ忘れられる歌なのです



昔馴染みの芸人を誕生パーティに呼んだら
知らない会社員が持ってきた去年の二倍の請求書

芸人さんと友達になってはならない
有給休暇取得申請書のコピーが必要です

くだらないと貴方は仰いますが?
或いはつまらないと貴方は仰いますが?

オリンピックの化け物が東京に来るのは来年だ
命知らずの競技者をメダルの亡者が出迎える

人間類が限界に挑戦します
決して終わるはずのない
世界をおもてなします それは事実

笑えないと貴方はおっしゃいますが?
或いはつまらないと貴方はおっしゃいますが?
それでも私は誠心誠意言葉に致します?

消費税が財源と夢みる与党のきれいごと
彼らの年金問題は小学校の宿題か

一千万じゃ死ぬまではお金がもたない
明るい 日本の未来を読むのは大変?
あるいは 芸人さんも収入を安定させたい
勿論ハラスメントや会社社会もタブー

いろいろと私は歌って参りましたが?
決して反省しません?
歌わない自由を放棄しただけのことなのです

足あと


あーまたやってしまった
あーまた言ってしまった
自分の立場に甘えてしまった

あーまたやってしまった
あーまた言ってしまった
誰かを傷つけ追い込んでしまった

生あるものの今に至る足あとこそが
喜びと悲しみと誇りそのものであると歌いながら

今日もまた僕は足下の見えもしないありんこの足あとを
踏みつぶしていくのでしょう
明日もまた僕は足下の見えもしない誰かの足あとに
気づかないでいくのでしょう

あーまたやってしまった
あーまた言ってしまった
自分の立場を忘れてしまった

あーまたやってしまった
あーまた言ってしまった
誰かの落ち度につけ込んでしまった

生あるもののあるがままの形そのものに
気高い意志と尊厳を認めるべきだとほざきながら

今日もまた僕は足下の見えもしないありんこの足あとを
踏みつぶしていくのでしょう
明日もまた僕は足下の見えもしない誰かの足あとに
気づかないでいくのでしょう

あーまたやってしまった
あーまた言ってしまった
と気付いた自分の足あとを確かめる

今日もまた僕は足下の見えもしないありんこの足あとを
踏みつぶしていくのでしょう
明日もまた僕は足下の見えもしない誰かの足あとに
気づかないでいくのでしょう

あなたのようでありたいと


あなたのようでありたいと 呪ったことがありましょう
あなたのそばにありたいと 祈ったことがありましょう

蹉跌の日 不毛の時
救いを探して歩いた夜は暗く
苦く笑う 素顔の時
明かりも拒んで歩いた夜は長く

誰かのようにありたいと 呪ったこともありましょう
誰かのそばにありたいと 祈ったこともありましょう

「時がいずれことを運ぶ」
そう思うだけの日々に苛立って
「誰かいずれ現れる」と
信じるばかりの日々に舌打って

誰かの為にありたいと 気取ったこともありましょう
誰もが望む正しさを 拒んだこともありましょう

砂を噛んで雲を掴む
言葉で足りない気持ちとともに行く

自分のようでありたいと 気負ったこともありましょう
自分の前にある道が 塞がったこともありましょう

自分のままでありたいと 願ったことがありましょう
自分の何処が正しいか 疑ったことがありましょう

あなたのようでありたいと 呪ったことがありましょう
あなたのそばにありたいと 祈ったことがありましょう

Information

型番:PMCD-IF11
発売:2000年 11月
価格:¥2,000

SHOP

ペンツマンレコードで購入

ジャケット デザインはTOMO工房さま

2000年10月29日当時の言

 10年後果たして僕らは、みれにあむという流行語を覚えているだろうか。どうだ、これでみんな忘れずに済むだろう。ひどく騒がしかった時代の片言を使わせていただきます。多分、この虚しさはバブルと同等以下程度のものではあるでしょうが。なにせこの言葉に踊らされたかのような婚姻やら出産もあったのでしょう。めでたかったのね。2000年。という回顧を込めてみます。

ご挨拶

ページのトップへ戻る