シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

トップ > 

日日是策案日記  ( 2021-02 )

2021-01< ==== 2021-02 ==== >2021-03

2021/02/27 21:52:42
きみの知らないうた、ご視聴ありがとうございました。

とっくの昔に作品集に使っていた名前ですが、僕にとっては長年あたためていたライブのタイトルです。

しょせん、僕のうたなど僕の周りの小さな世界でしか認知されません。楽しまれません。でもだからこそ面白い。

という姿勢は、僕は失いたくないのです。これだって、うたなのだと信じる。という誇りのようなものです。

まあそんなことはさておき。

無観客配信の虚しさを語るのももう飽きました。だからそれなりの準備をして、臨みました。しかし、なかなかうまくはいかないもので、あーもっと上手く喋れたんだけどなあ、ということばかり。

セットリストもずいぶん悩んだ挙句に結果、後半は先月と被っていて、つまり、作品集空前の灯火からは、これをうたいたいのだな、ということを確認したような次第。

なにぶん反応を確認しながら進められないのだから、お客さんは実在するし企図した通りに進めればいい、とは決めていたものの、まだコメントを見ていません。実際いまだにどきどきです。

二月は、空前の灯火、わらいごと、をベースに、進行しました。新しい曲は、来月のお題の誕生日、を先取りしましたし、ぶつだん、も歌いました。

西池袋軽音楽部は、多忙の山石さんの都合、これにて終了いたしました。三年くらいでしょうか。思えばいろんな曲をやることができました。いい思い出です。そして今後はまたゲストを交えながらの開催に戻ることになりましょう。

あけて土曜日、月末のお仕事がフルタイム続いた後こっそりと当日券で中野サンプラザへ。席は半数販売ですが、お客さんたちは本当に幸せそうでした。僕はこれを横目に見るのが大好きです。あ。横目と言っても、本当に横の人を見るわけではありませんからね。予定通りとはいえ、これでもうすっかり財布はカラになりました。久々のハングリーです。しかし、心はとても豊かです。次に向かいます。

三月こそは、みなさんの顔が見られますように。

2021年02月27 日 21時52分42秒

2021/02/26 18:44:31
今日のカメラは、ブレないらしいですよ。

ぶれないカメラの実験台になります。

2021年02月26 日 18時44分31秒

2021/02/25 08:00:49
ライブ きみの知らないうた 

今後の予定をざっと書いてみます。

三月十九日(金)
四月二十三日(金)
五月二十一日(金)
六月十八日(金)
七月十六日(金)
八月二十七日(金)

ここまでは、池袋フィールドと確認済みです。お店としても、三月十九日から配信を伴う有観客営業の再開の予定とのことです。僕は二度と体調を崩すことなく、2021年をはじめて行きたいと願います。

もちろん、二月の無観客配信ライブも楽しみにしてくださりますように。

2021年02月25 日 08時00分49秒

2021/02/24 06:48:33
ギブソンかえる

無事、身の丈を超える社会的価値を誇るギブソンのギターがジークラブトーキョーから帰宅。

当然のことながら、やれば、できるじゃないか。一週間だ。十日過ぎたところで今日から二週間頂戴しますと言われたときには確かにたまらない気持ちになったものだけれども、帰ってきたギブソンの状態は、これまた身に余るほど良い具合。

つまりは僕の管理が甘かったわけだし、今後はちゃんとしよう。と心に誓ったものでした。

2021年02月24 日 06時48分33秒

2021/02/21 08:06:22
空き地がなくなっていく。

何せここは東京なんだから、そんなものは小さい頃から見慣れた光景。幼稚園まで住んでいた成増北側のあたりは、駅までの長い道のり一帯が畑だったことを視覚的に覚えています。今いくと、全て宅地です。

東池袋で育った頃にはあのあたりはとっくに砂利道ひとつない地域でしたが、十歳以後移った板橋北部は、工場と倉庫とその跡地ばかりの地域で、一言で言えば風情も何もないものでした。

それに対して、もう八年目くらいになる今住んでいる辺りは、土地の起伏が激しいせいか、荒地空き地休耕地法面といった、まあ、使い道のない土地や、後継者のいない畑地が多くて、23区内でも屈指の田舎っぷりを誇っていて、そこが気に入っていたものです。

このところようやく日の出が早まり、僕の徘徊の時間帯も明るくなってきました。それで気がついたんです。そこいらじゅうで宅地造成、が進んでいることに。そういえば去年は朝日が見えた崖が住宅で塞がれていくと嘆いていたっけ。あそこももう当たり前の住宅街になって、まさかその裏庭が墜落死必至のたかーい場所になっているとは思えない雰囲気になっています。

去年の春、緊急事態でお仕事が全面休みになった頃、こっそり散歩の最中、空き地の上に広がる青く広い空を眺めるのが好きでした。こんなところ、代々木公園にでも行かないと見られないだろうよ。などと独り言してました。どんどんそういった長閑な土地が消えていきます。息が詰まる思いです。


ホームページ作りも順次進み、この日記も、日日是錯乱日記という青い名前を改めまして、日日是策案日記と、大人の、しごく普通の名前にしました。ふつうがいちばんですね。そして、その更新はペンツマンレコーズのツイッターアカウントで自動でお知らせになるようになりました。最新情報はそちらからご覧ください。アルバム一覧とこれが、この2月に頑張った制作物です。

そうだ。それと。ついに、うたとほんの少しのおしゃべりも始めましたよ。これはサイト内では片付かないことと、いずれは外向けに発信したいので、外に作りました。これも、ペンツマンレコーズのツイッターアカウントで自動でお知らせしてくれる仕組みです。この内容は、いずれリクエスト募集も訴えていきますよ。あ、ふつうだ。これだよ。まさにふつうがいちばんって。ねえ。

2021年02月21 日 08時06分22秒

2021/02/20 09:24:00
普段ならもう、四月の予定を組んで公表している時期だというのに、まるでその気が起きないのは、無観客配信の予定ばかりが積み上がっていく現状に対するストレスなんだろうなと、思います。

これは、先の見えないほど重苦しい何かが、この浮世離れした僕の視界にも思った以上に及んでいることの証左ではないかと、おもうのです。

2021年02月20 日 09時24分00秒

2021/02/18 20:08:31
なんでもない一日のおわりに、僕は喋る練習と称して録音をしています。

ちょうど1ヶ月になります。一日の出来ごとを1分ちょうどのサイズで喋る日報、です。アイディアとしては面白いかなと今も思っています。自分で聞き返すのがこっぱずかしい段階を経て、だんだんと面白味も感じ始めました。

これにはいろんな意味を求めることができます。が、それを明文化することで、目的を規定してしまうことにもなります。だから今ここでは明文化しません。

で、自分自身、喋るのが全然上手になっている実感はありませんが、慣れては来た気がします。いや、慣れた分だけは上手になってきたかもしれません。たった1分の録音のために20分以上かけてきた当初を思えば。

だからと言って、面白いことを喋れているわけでもありません。相変わらずどもり気味な箇所もあるし、えー、も入ってしまうし、完璧なんて無理です。無論、今の僕なら歌ってしまえばそっちの方がずっとマシで、聞くに耐えるものができます。それはそれ。

毎日は同じようなものです。だから、これをやってみる同志を求めます。1分キャスティング。だれか、やってみないかなあ。聴いてみたいなあ。

(やたらと更新が増えているのは、プログラム開発のテストの一環でもあります。)

2021年02月18 日 20時08分31秒

2021/02/18 09:38:19
電話加入権あります

なんと四谷教室の電話回線の基本料金を未だ支払っていたようだ。つまり、まだ解約なり休止なりをしていなかったということ。思い当たるのは、確かに、電話の移転や休止って、ヤフービービーにしか連絡をしていなかったかもしれない。

それで、NTTの116番に電話をしていたのだけれども、これが1日つながらず。諦めモードで翌日にかかったのはいいけれども、契約が新宿区四谷ではなく、千代田区神田三崎町だという。つまり請求書の送付先だけが転々としていた、ということ。

いろいろありましょう。だけど、そりゃあどうかと思いますよ。全然現状把握していないくせに、引き落とし口座だけは確保していたってことだ。しかもちゃっかり三崎町から神田三崎町への地名変更もデータ上では行われていたわけでさ、既得権益保守ってことかな。

何を書き残したかったかというと、この電話加入権。独立の手続きをしていたあの年に亡くなった伯父のもので、それをいったん父へ相続、そして譲渡、というややこしい手続きをしたのを思い出したのだ。おじさん、世話になってるよ。これからこの権利は休止するよ。この先、使うこともないかもしれないけれども。

2021年02月18 日 09時38分19秒

2021/02/17 16:58:18
1分キャスティングは、3分クッキングから着想した言葉ですが

とにかく僕の喋りは、人に迷惑をかける。一番至近な例で言えば、西池袋軽音楽部。全然会話になっていないんじゃないかと思う。見ていて聞き苦しい、しいては見苦しいことになっているんじゃないだろうか。

ざっと振り返れば、三者遊戯もそうだ。いやいや、シブイのイベントでの僕の振る舞いもだいたい、そうだと思うし、もっと言えばべんべんだってそうだったし、高校生の時もそうだった。

うまく喋れない。それが一つの悩みの種。

そこで、はじめてみたことがあった。一日の仕事の終わりに、1分だけ喋ってみる。条件は、音声入力が可能な程度滑舌良く、できるだけあーだのうーだの言わず、日報でいいから書き残すように、喋り残す。ということ。

それを始めて、1ヶ月が過ぎた。

特別上達はしていない。だけど分かったことの一つは、これは誰にでもできること。誰のお話も楽しそう。一日の日報を喋るんですもの。この輪を広げるのは面白い。

そして、僕の場合は、歌って仕舞えば簡単に何分も過ぎてしまうけれども、喋るのは相変わらず大変。でも、それなりに慣れてきた。そろそろ、うたをまじえたものだけは、ここで公開してもいいんじゃないか、ということ。

と思って、1分キャスティングとは別個にはじめてみた。これをどのタイミングで公開すればいいのやら、と言うのを考えているさなか。

2021年02月17 日 16時58分18秒

2021/02/16 20:00:36
いささか腹に据えかねて

一月のライブが二本終わるとともに、ギターをメンテナンスに出しました。ライブが減って間隔は空いたものの、その直後に持っていこうとは思っていたのだけども、くたびれてしまって一週間後の土曜日に持ち込んだ次第。

すなわちそれは2月6日。そして、そこで少し重大な修理箇所と、些細な修理箇所がある指摘を受けていました。見積もりができたらご連絡しますと言う声を鵜呑みにして待つこと十日。本日ようやく電話がかかってきました。

正直、小遣いの稼げなくなった僕には衝撃な見積もり額を提示されたものの、これは経費これは経費、と言う呪文を脳内で唱えました。しかし、今日から二週間頂戴します。と言う声を聞くに及んで、ライブがあるのですよと言いました。

そしたら、二週間後あらため八日後までに上げると言いだす始末。全く、パーフェクト侮られたものです。ジークラブトーキョー。この歳までライブもない人生を送ってるように見られたのかと思って、少し悲しくなりました。

が、そもそも修理案件が素人じみていたので、そう思われても致し方ありませんね。

2021年02月16 日 20時00分36秒

2021/02/13 13:00:00
どうも自作の日記だと、いつ更新されているか分からないと言う声もないではないわけで。

いやいや、そんなもん構うもんか、お好きなときにご覧くださいなと思いつつも、技術的に新規更新の通知が不可能ではないらしいと聞くにおよび、やってみるか、と言うことになったのでした。

数日前に以下のようなことを書いていたのは、そういうことです。無論、その更新情報にたどりつく人も限られているわけです。

余談ですが、この記事からRSSをルートディレクトリに書き出す仕様になっています。そんなことも地味にやっていたの。

2021年02月13 日 13時00分00秒

2021/02/13 08:05:34
預金取引明細表発行手数料

というものを支払うために、銀行窓口へ行けと言われました。

昨年11月セブン銀行から、事業目的で口座を使用しているならば即刻解約をしてくださいという通知が届いたので、即時解約したものでした。たしかに、微細なるも事業目的と言われればその通りですから。

残高はこちら指定の別の口座へ、これまた即日振り込まれました。早いなあ。もう頼まんわっとばかりに、そのまま放置して来ました。が、11月分の入出金明細表が欲しいこの時期、再度セブン銀行私の口座にアクセスしようと試みましたが、当然のことすでにログインできません。ま、それはそうでしょう。

というわけで問い合わせたところ(このやりとりはさらに文章が長くなるので流石に割愛)、550円を払えば発行してくれるとのこと。その支払い方法が、銀行窓口からの振込、だったわけです。

銀行に行くや、正装のおじさんおばさん方から、よろしければATMで、と勧められました。いや、先方のご意向で窓口から払い込まねばならないのです。

窓口でも、同様に、ATMでご利用なされては?と言われました。いえ、先方のご意向ですので。と固辞。

他行あて振り込み手数料、770円でした。合計1320円也。以下、メモ。

セブン銀行 
支店名 本店
科目 その他
金額 550
口座番号 9999999
名義 預金取引明細表発行手数料(ヨキントリヒキメイサイハッコウテスウリョウ)
依頼人 イシムラフブキ

2021年02月13 日 08時05分34秒

2021/02/13 07:30:46
日日是策案日記と名付けました。

察しの良い方は、お分かりでしょう。そうですタイプミスです。護国寺で午後9時みたいなものです。

この場所は日記であり、計画の宣言だったり、いやそれ以上に、読んでくださる方へ今伝えたい言葉たちであります。同時に、単に僕にとっての忘備録でもあります。

ブログのように一触即世界発みたいなところとして使うべきとは知りつつ、そのような仕様にはせず、すなわち世界に向かっては開かれていないので、外向けに何かを書き残さなくては、という場合は別の道具を使うことにしています。あんまり、機会はないけれども。

それでも、日日是錯乱日記からの卒業。です。2020を機に、自分なりにいろいろ挑戦を始めています。そろそろ、形にしていきます。

2021年02月13 日 07時30分46秒

2021/02/11 11:12:00
動画編集をしています。

何の動画編集かと言いますと。シブイオンガクスタヂオを多分この春には去っていくなかむらのぞみによる、インタビュー動画です。

これは長年僕が文章にしていたことを、口頭で申し上げているだけ、とも言えるのですが、今どきはこういった媒体の方がとっつきやすい。のかな。

そして、自分一人ではとてもじゃないけど喋れない僕も、なかむらさんのお陰で割と淀みなく喋っています。これを、次以降は自分でできるようにならねば、という思いから、近頃自主トレもしています。この話は別件として後日ご紹介できるかと思いますが。

というわけで、パッと撮ってみただけのものを投げられまして、久しぶりに動画ソフトを弄ってみた次第です。ということを、数日後には、シブイサイトに書くのでしょうが、その前にこっそり元々あったYouTubeチャンネルに載せておこうという算段でして。

せっかくチャンネルを生かすのであれば、他の講師たちの個性を存分に見せびらかす場所にしようと思いまして、各講師にその準備をお願いしているんです。何せ、今は緊急事態、全く新規のお問い合わせが途絶えているに等しく、よくもまあ生きているよシブイオンガクスタヂオ。というのが本音です。

そこで、この企画を思いつきました。クボくんなんかは、お手の物というかむしろ、こう言った作り物の方が実力を発揮することは間違い無いです。小浜田さんも当然のこと、創作はお手のものです。彼らに、気持ちよくやらせてあげるのが僕のお仕事だということです。

ニヤニヤと、みてくれる方があるとありがたいです。カウンターは上がっている方がいいですものね。

という祝日休みのお仕事です。

2021年02月11 日 11時12分00秒

2021/02/10 10:00:00
釈迦の誕生日にまたピアノを弾くことにしたのは、何かやり直さなければならない気持ちになっていたから。

きっと、何が悪かったわけじゃないと信じる。僕の何が悪かったわけではないと信じている。もちろん、特別誰の何が悪かったわけでもなかったんだと思う。

だけど、2020年は散々だった。僕たちの生活行動は見直されることになった。これこそが人類ならではの幸福であると信じて突き進んできた何か、を覆されてしまった。

これほど浮世離れ気味な僕にしたって、ずいぶんな影響を受けた。この社会になんとか適応すべく頑張っても頑張っても何十年となかなか上手くいかなかったけれども、ここ数年はなんとか、それらしく適応できるようになって来たと思っていた。ようやく自分の生きる道筋を見出したと信じていた。

それらを、何ものかいまだに判らぬものから、一挙に壊されてしまった。もちろんそれを嘆くばかりではなく、あらたな在り方を探して、追求するべき道筋をも見出してみた。

だけど、さしたる落ち度は感じられなかったやりかけの道、作りかけのうた、は、閉ざされてしまっていた。という気持ちになっていた。

それを修復するべく、作品集空前の灯火の完成を急いだ。本当は二年くらいはかけようと思っていたけれども、とにかく2020の痕跡を過去のものにしたかった。結果的に完成が年を跨いだのは、よかったのかもしれない。制作年は2021と残るだろう。

そして、釈迦の誕生日ライブはもう僕はお役御免で、お客さんに徹するつもりだった。僕の役目は終わったと、紛れもなく自分の気持ちに対して正しく決めていた。やるべきことは終わっていたし、誰にでも引き継げるものに育っていると信じていた。だけど、なんと僕は8月に行われたあの春の代替ライブ、観覧すら許されなかった。これもまた、きれいにやり直さなきゃならないじゃないかと思っていた。

というのもすでに2月3月とライブハウスに出入りすることが憚られる空気は醸成されていたし、シブイイベントも大赤字。かろうじて3月末にも演奏はしたものの、もう僕などがお金をいただいて歌っていること自体今後はやっぱり迷惑でしかないのか。という絶望的観測に追い込まれていた。だから実は、4月の緊急事態宣言の夜すなわち4月8日にはすでに、世古くんに、何かやろうか?と連絡していた。彼にしてみれば、もうブツはやらないんじゃなかったのか?と訝しくさえ感じられたかもしれなかったが、そう声をかけなくては気が収まらなかったわけだ。

それにしてもあの当時の時点ではまだ、ライブ配信というのは身近ではなかった。一年で大きく変わってしまったものだ。

とっ散らかった2020を回収整理する作業のひとつ。釈迦誕生日にピアノを弾く、という毎年恒例にしていたことの意味を自分の中に確かめるため、もう一度真剣にやってみよう。と、その気になっていたところへちょうどお誘いがあったので、これは即時、良い返事をした。とにかく、そもそも存在意義を疑われ続けて来た売れない歌うたいは、ひとつひとつの自分の行いの正誤を確かめて行きたいわけ。ひとつでもふたつでも、いやもうたとえば三つきりでも、そこに喜んでくれる顔があれば、僕の生きた時間と費やした情熱は報われる。確かめなくてはいけない。行けない。行けないんだなあ。


余談ですが、この記事からRSSをルートディレクトリに書き出す仕様になっています。そんなことも地味にやっていたの。

2021年02月10 日 10時00分00秒

2021/02/02 08:55:43
歯の痛みから解放されました。なんて清々しいのでしょう。

思えば、ボロボロになってしまった残存乳歯の治療から始まり、そのた細々した虫歯治療をへて、親知ラズの手前の歯の治療のための抜歯という計画は、訪ねた当初からの予定でした。

じりじりと、いや割と性急に治療を進めて昨年末に、次は親知らずですね。と言われた瞬間に、正月早々に済ませて気持ちよく年を滑り出そうと思ったものでした。

だから1月4日の朝に予約をして、抜歯をしたのでした。その一連の治療が昨日終わりました。四週間。この間に痛み止めをいくつ飲んだことでしょう。歯のあとの穴に、食べものがどんどん入り込んでしまって激痛。治療の跡はきれいですから、と何度も言われたのですが、そんなことはどうでもいい、痛みをなんとかしてくれ。と、左手の拳は語っていた筈なのに。

この一月の間にやるべきことは、文章を書いたり、作詞をしたりということでした。これが、あの痛みの間はまるっきり無能になりました。その代わり、phpを書いてサイト移行を進められましたが。

二月は、サイト移行の次なるお題、アルバム、楽曲、の陳列ページです。一年がかりで完全移行します。

緊急事態は続きます。またまた配信ライブかあ。久しぶりにシブイからツイキャスってのも考えてはいますが、講師がまたひとり減るシブイオンガクスタヂオの立て直しという緊急命題もあり、そうなるとあっという間に忙しくなります。どうなるのことやら。

とにかく昨日は、自作お弁当をものすごく久しぶりに、おいしいと思って食べられました。歯があるって、いいな。

2021年02月02 日 08時55分43秒

2021/02/01 08:59:41
なんと歯ー。週末土曜日仕事中に、一月頭に抜いた親不知の手前の虫歯治療中の詰め物が取れたようで、週末に飲もうと思っていたお酒はおろか、水も凍みる有り様。

今度は、先月とは逆に、うどん状の柔らかなものよりも、硬いものの方が食べやすいという残念な状態に。

でも、きっと今日の治療で終わる。と聞いているから、痛み止めでこらえた。さあ、早くなんとかしてくれ、の朝。

2021年02月01 日 08時59分41秒

ご挨拶

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • youtube
ページのトップへ戻る