シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

トップ > ( login )

日日是策案日記  ( 2020-12 )

2020-11< 2020-12 >2021-01

2020/12/31 10:00:00

29日ご視聴ありがとうございました

体調不良では皆さんにご心配ご迷惑をおかけしました。実際のところ12月18日はとても元気になっており、朝8時半過ぎからシブイオンガクスタヂオで歌入れをしていました。ああ、高価なPCR検査を受けなきゃならないのね。なんて、ブツクサいいながら。

それから十日。元気に昼寝をして、臨みました。

ああ、新しい時代が、来たのですねえ。

カメラと張子さんに囲まれて、しみじみと思った午後十時でした。

皆さんの反応を時々見ながら、まるでリハーサルのように。

おそらく来年はさらに、もうちょっと反応を積極的に見られるようになったりだとか、新しい形は進化していくことでしょう。

それにしても、楽しいセットリストになりました。何が楽しいって本当にこの一年を振り返っただけだからです。それでも、なんとか形になるじゃないですか。お馴染みの曲、なしで。

確かに、ライブはライブであり、これが本当の姿じゃない。でも、僕にとっては真の力が試される時代になったのだという思いです。地上波テレビを体験しないまま、テレビクオリティにならなければならないわけです。結局は。YouTubeじゃないですよ。テレビです。

年明けまでには、空前の灯火を完成させます。まだもう少しだけ作業が残っています。これをお届けできるのが、ちょっと楽しみになって来ました。これも僕なりに、新しい形です。

来年もまた、よろしくお願いします。 石村吹雪

2020年12月31 日 10時00分00秒

2020/12/29 23:00:00

今夜のセットリスト 予定

空席

目の前の空席が今日は心なしか痛い
お腹が痛いのか頭が痛いのか
どうしたんだろう

目の前の空席が今日も心なしか痛い
仕事が延びたのか仕事がしたいのか
どうしたんだろう

目の前の空席に先月はあの子が座ってた
日曜は外に出ず一人で過ごすのか
どうしてんだろう

目の前の空席はさっきまで埋まっていた
電車が終わるのか誰かが待っているのか
どうしたんだろう

連絡帳でも作ろうかな
今日は休みますと書かれても辛い

地図通り

世界は狭くなったって
歩幅は急に広がらない

時代がせわしくなったって
駅徒歩五分に変わりはない

きみのくれた手書きの地図
あてになるのかな
ここで普通期待はしない

地図通りだ
なんてこった
きみは何から地図までも上手だ

世間は狭いと言ったって
お友だちにも広まらない

駅から遠いの評判は
二次元地図では表れない

山をのぼるような道で
駅はどこかと
振り返れば真下に見えた

地図通りだ
なんてこった
きみは何から地図までも上手だ

夢のままで

ありふれたことを言おう
君に届くように
言葉には棘はつきもの
飲み込むのは痛いもの

叶わぬ僕の夢への長い道を
ともに見ていてはくれないか
夢が夢のままも美しい

苛立つこともあろう
怒り抱くことも
歴史には墨は塗るもの
言えなかったこともある

叶わぬ僕の夢への長い道を
ともに見ていてはくれないか
夢は夢のままが美しい

叶わぬままの夢への長い道も
いずれ必ず果てには着く
果てが夢か否かは君が知る



夕方に降り出した頃は
みぞれまじりだった
歯を磨いているうちに
ふわふわの羽根みたいに

そわそわしたもんな 今すぐ行くべきか
そわそわしたもんな 早起きするべきか

あのころは誰よりも早く
雪だるま作らなきゃと
明日誰よりも早く
足あとを残さなきゃと

そわそわしたもんな 今すぐ行くべきか
そわそわしたもんな 早起きするべきか

明日は君の街へ行くのに
天気予報が雪だるま
よく寝ておかないときつい
昼寝せずに話していたい

そわそわするんだな 今すぐ行くべきか
そわそわするんだな 早起きするべきか

大根写真

大根の芽が気になって
水にさしておいたのです
寒いからせめて
日のあたる窓際に
東京に来て十年です
北にしか窓のない部屋にも慣れました
おかあさん

明くる朝に目を疑って
写真に撮っておいたのです
一晩もあれば
たくましく育つもの
東京に来て十年です
畑の仕事もしてみたくなりました
おかあさん

毎朝カメラを覗く度
みるみる丈がのびるのです
太陽に向かって
花は開くものなのね
東京に来て十年です
薹が立つって言うものねと
こともなげに言う
おかあさん

かべ

心の窓をたたく
心の扉をひらく
心に衝立をたて
心に壁をたてる

よく言ったもんだ
今も昔も人間は心の壁に思い煩うばかり

だから
倒れない壁を作るのだ
壊れない壁を作るのだ
本当に怖いのは人間なんかじゃない

石を積み累ねた
土を塗り固めた
柱を硬くして
窓は二重にして

よくやったもんだ
今も昔も営みは我が家の壁の重さに守られた

だから
倒れない壁を作るのだ
壊れない壁を作るのだ
本当に怖いのは人間なんかじゃない

1680859

メモのご用意を

16 80 8 59
16 80 8 59

あの日 あの春 松本さんは
駅前の銀行に口座を作ってきてねと

言った 言った 松本さんは
経理 労務 管理 なんでも

普通 普通 口座 普通
16 80 8 59
16 80 8 59

あの日 あの春 松本さんに
言われて行った第一勧銀今いづこ

四谷 支店 036
16 80 8 59
16 80 8 59

どうぞ 引いてね 手数料
いつも サービス しますから

四谷 支店 今みずほ
16 80 859

だから旅にでる

悲しいけどさ
東京に暮らしていると
川をいくつかこえただけで
生き返った気がするんだ
これ本当だよこれ本当だよ

だから、休みには出かけるんだ
いなかにお金を落とすためじゃないよ
とにかく生き返るためならば、
お金なんか惜しくはないものさ

去年まではおおらかな懐で
僕らの生命をもてなしてくれた
だけど今聞こえるんだ
東京から変なもの持ってくるな
持ってくるなくるなくるな

どうしてでしょう
東京で過ごす間は
何故かどうしてかどういうわけか
手や顔を何度も洗いたくなるんです
これ本当だよこれ本当だよ

あとね、東京見物のたびに
夜になると熱が出ちゃうでしょう
命を削るようなスリルが
この街にはあるのまさかね

生き返るために
死にかけて生きる

悲しいけどさ
東京に暮らしていると
川をいくつかこえただけで
生き返った気がするんだ
これ本当だよこれ本当だよ

もう一度アラート

らららーらららー
見えなかったんだ
見えなかったんだ
この目では

あの春ぼくたちは
とにかく家にいなさいと
きつく言われていたから

見えなかったんだ
見えなかったんだ
赤い都庁

あの時は外出は
控えてとアラート
もう一度アラート
百合子のアラートフォーミー
板橋からじゃ
遠くて見えないんだ
ビッグシティ東京はでかすぎた

だだだーだだだーうううーうううー
見えなかったんだ
見えなかったんだ
赤い橋も

都知事の権限で
条件が整ったなら
お洒落に染めてくれたんだって

見えなかったんだ
見えなかったんだ
赤い都庁

あの時は外出は
控えてとアラート
もう一度アラート
百合子のアラートフォーミー
テレビで見るんじゃ
都民税の甲斐がないよ
ビッグシティ東京はでかすぎた
ぶぶぶーぶぶぶーあらぶー

さよなら餃子愛好会

今夜は餃子よ7時までには帰ること
無心で包めば
何故か気持ちが晴れました
大きく笑う顔を見合わせて

さよなら餃子愛好会
私の愛した人たち
あなたが声を取り戻す
その日が来るまで手を洗おう

今夜は餃子よタネは皆んなで作るのよ
無心で刻んで
ネギとも知らずに混ぜました
大きく笑う顔を見合わせて

さよなら餃子愛好会
私の愛した人たち
あなたが声を取り戻す
その日が来るまで手を洗おう

今夜は餃子よそれは皆んなで食べるのよ
夢中で隣の
あなたの分も食べちゃった
大きく笑う顔を見合わせて

さよなら餃子愛好会
私の愛した人たち
あなたが声を取り戻す
その日が来るまで手を洗おう
拝むように祈るように手を洗おう

張子さん

全世界的に人と人が
決して近づいてはならないことになりました。

全世界的に肩と肩も
決して触れ合ってはならないことになりました。

新たな時代は開かれました。
電車の席も居酒屋の席も劇場の席も
ひと席ごとに座りましょう。
ひと席あけて座りましょう。
暫定的に

そこで張子さん張子さん
ワンタッチで立ち上がります
座高100センチの人型坐像
畳んでしまえる便利な張子さん

全世界的に椅子と椅子は
離して置かなくてはならないことになりました。

全世界的にヒトとヒトは
離れて生きなくてはならないことになりました。

新たな時代は開かれました。
ホールの席も公園の席もライブハウスでも
ひと席ごとに座りましょう。
ひと席あけて座りましょう。
暫定的に。

そこで張子さんDX
前後左右に20センチ振り子
BPM自動で検出します
だいたい200で縦乗り始めます。

張子 人 張子DX 人 張子
人 張子DX 人 張子 人
張子DX 人 張子 人 張子DX
人 張子 人 張子DX 人
張子DX 人 張子MX 人 張子DX

新たな時代は開かれました。
空席ぜんぶ埋まりましょう。
いつでも満席ライブです。
恒常的に

さらに張子さんMX
最前列で20インチモニタ
座高100センチの人型坐像
抱えているんだ便利な張子さん

はては張子さん2020
全ての席は20インチモニタ
座高100センチの人型坐像
抱えているんだ顔だけのお客さん

さわらない物語

メガネを外したあなたを
初めて見たのです
心の鼓動の勢いで
背中が震えました

悪そうな大人はうたった
少し粘膜が触れ合っても
この世の終わるわけじゃない

いいですかいいんですか
マスクも外していいですか
もう死ぬのも生きるのも
ともにするつもりです

親にも姉にもひさしく
晒していない鼻
あなたの好みでなかったら
どうして生きていけましょう

悪ぶった大人はうたった
甘く吐息を交わすまでは
二人は他人にすぎないと

秘密ですか秘密ですよね
誰にも悟られないように
もう死ぬのも生きるのも
ともにするつもりです

いいですかいいんですか
マスクも外していいですか
もう死ぬのも生きるのも
ともにするつもりです

決意

今日の冴えない顔には理由がある
あなたに決してわからないやつ

雨が続くのもきっと理由がある
思いもよらないわからないやつ

もう誰の前でも笑ったりしないんだ
痛い時は痛い顔してやるんだ

なんでだろうな
あなたの顔を見た瞬間に笑ってしまう
拗ねたり怒ったり困らせながら
泣いていたい泣いていたい

いつもと変わらぬ顔にも理由がある
いつかはあなたに教えてみたい

空が青いのはきっと理由がある
いつまで経っても覚えないやつ

もう誰のためにも笑ったりしないんだ
笑顔なんて私には決して帰ってこないんだ

なんでだろうな
あなたの顔を見た瞬間に笑ってしまう
拗ねたり怒ったり困らせながら
泣いてみたい泣いてみたい

ふふふふふ何食わぬ
ふふふふふ毎日の果て

あなたの扉ひらく時は
一人の部屋の私のままに
拗ねたり怒ったりのたうちながら
泣いてみせる泣いてみせる

わらえますように

くすぐりっこなしでも
変な顔もなしでも
いいからいいんだから
自慢話がなくても
大きな夢がなくても
教えて
君の昨日までのこと

今日きみが笑えたら
それでいいんだ

ギャグひとつなくても
おどけたりしなくても
いいからいいんだから
世間話のついでに
余計な世話と言わずに
生きてきた
君の昨日までのこと

今日きみが話せたら
それがすべてさ

もし明日を待てるなら
それでいいんだ

今日きみが笑えたら
それでいいんだ

やったよー

やったよー
わたしやったよー
やったよー
わたしやったよー

大したことじゃないけど夜が眠れて
寝坊をしなくなったんです

人は近ごろ自分のことで忙しく
わたしの声もノイズキャンセル

でもこの声でいつかどこかで
寝込みを襲って聴かせたい

やったよー
わたしやったよー
やったよー
わたしやったよー

大したことじゃないけど5キロ痩せて
昔の服が着れたんです

人は不幸話の方が好きだから
大きな声では言いにくい

でもこの胸で響き轟く
よろこびで心も破れたの

やったよー
わたしやったよー
やったよー
わたしやったよー

損得感情

世界はどんどん複雑に
変わらぬ筈の思いも変わりゆくし
だいたいお金の価値も日替わりじゃ
なにがお得かわかりにくい

お得お得お得の
日本語で言えば三文字が
ATAIOA頼りの鈍った身体の潤滑油

あなたと出会えてよかったと思えない時は損得勘定
あなたと出会えてよかったといつまでもあなたには言いたい

愛しい人よ永遠に
僕を天秤にかけないでおくれ
黙って誰かと比べられたんじゃ
どこを磨けばいいのやら

お得お得お得の
日本語で言えば三文字を
お値打ち割引広告で
読み解く力を養った

あなたと出会えてよかったと思えない時は損得勘定
あなたと出会えてよかったといつまでもあなたには言いたい

お得お得お得の
日本語で言えば三文字を
クーポンポイントセールから
気負った心で鷲掴み

あなたと出会えてよかったと思えない時は損得勘定
あなたと出会えてよかったといつまでもあなたには言いたい

空前の灯火

よくあることよの慰め言葉
聞き飽きたよなもう聴きたくもない
んふふ
そんな夏でした

さっきまで憎かったあの人が
今どうして愛おしくなる
あの夏のきつい思い出の歌が
聴こえて来たの

次まだあるよの慰め言葉
いつまでやっても下手の横好きよ
んふふ
そんな秋でした

さっきまで消したかったこの自分を
今どうして愛おしくなる
あの秋のにがい思い出の歌が
聴こえてきただけで

2020年12月29 日 23時00分00秒

2020/12/20 10:03:51

ホームページにおいて、分かりやすく最近の演奏だとか楽曲だとかが聴けるようにしなきゃならないと思っていたのに、あと回しになっていました。

が、実際は秋口くらいから、ライブから一曲分、動画が見られるようになっているのですが、お気づきでない方はあったでしょうか。

最近の演奏というメニューが、songsの下にあります。

2020年12月20 日 10時03分51秒

2020/12/18 20:40:36

今夜は、ライブのはずでした。開催できずごめんなさい。

例年だったら、なんとか治します、と言って、ちゃんと調整して普通にやっていたタイミングでしたが、今年は事情が変わりました。ああ、これでもう無理なんだなあと、喉がかれそうになる程呻き、喘ぎながら嘆いていたのを思い出します。

LINE登録されているマニアな皆さん向けに、夜になってのそのそと、おわび動画を一つ作りました。今頃は届いていることでしょう。ってさ。動画自体ができたのが8時を回っていたのですが。

いつものように。さ。次行こう次。と、言っておきます。次は無観客配信ですが、タブレットでも脇におきながら、皆さんの存在を意識しつつやろうかな、と思っています。どうなることやらですが、まあ、現時点可能だろうなと思える、計画です。

2020年12月18 日 20時40分36秒

2020/12/15 11:25:35

空前の灯火という曲をようやくうたに仕立てました。

うたには、急にあの頃に連れ去っていく力があります。似たものでは匂いには、そういうものがあるかもしれません。例えば僕の場合、地下鉄の匂いを嗅ぐと、小学生の自分が春日通り沿いの排気口を覗き込んだときの自分の姿勢と、その光景が蘇ってきます。

もっともっと時間があって、寝る間を惜しんで音楽を聴いていた若い頃のことは、僕のようなほとんど過去を振り返らない人間でも、昔聴いていた音楽が耳に入ると同時に、いとも簡単にあの頃、が思い出されます。

そしてそれは大体において、自分にとってどうしようもなくみじめな思い出と重なっています。もしかしたら現実逃避のために、ただそこにあった音楽を繰り返し繰り返しきいていただけかもしれませんが。あの時、自分なりに絶望があって、この先の人生を悲観したはずなのに。思い出はいつの間にかぼんやりと美しいです。こうして今元気に生きていることを不思議にさえ思います。

過去など忘れてもいいものだと思って来た一方で、過去の次に今があるのは当然のこと。大好きだった音楽が、自分の過去帳の栞になること、そして、何の気なしにもう一度読み返してみれば、そこにちょっとした慰めがあることに気がつきました。それに、空前の灯火と名付けてみました。

今の自分を救うのは、意外にも過去の自分の存在で、普段気にもしない忘れていた自分にぐるっと回って辿り着いた驚きとか喜び。

などと説明をするほどどんどん、先送りにしてようやく作った楽曲とかけ離れてしまいそうなので、これまでにします。たまたまギターじゃなくピアノを触っている時に出来てしまったので、先日、忘年会でピアノで歌ってみせました。


この曲を含めて20曲までは録音が終わり。あと残り数曲歌い直しで終了と確認した翌朝、急な発熱に見舞われました。今、お仕事用にメール文書を書くついでに書いてみましたが、そろそろ疲れて来てしまいました。また眠ります。

2020年12月15 日 11時25分35秒

2020/12/15 10:42:57

12月18日 ライブ空前の灯火 の開催を中止いたします。

あろうことか、僕の体調が崩れてしまいました。あんなに気をつけて来たつもりだったのに。予定してくださった皆さん、申し訳ございません。

代替を急遽予定するか、完全中止にするか、もう少し身体が治ってから決めます。

実は昨日月曜日は、発熱のため連絡や返信がろくにできぬまま過ぎて行きました。今日は少し熱が下がって楽になったので、文章がかけそうな気がします。

昨日は味覚は充分あるものの食欲がなく、一日中眠っていましたが、今久しぶりにコーヒーを飲んでいます。おいしい。

2020年12月15 日 10時42分57秒

2020/12/12 18:49:23

世の中のことなんか全然わかっちゃいないけども、馬鹿にはめざとく反応できる。

シブイオンガクスタヂオを続けていく中で、君さ、入会金いらないから入って、んでゆくゆく講師やって。と、この、おしの弱い僕が初対面で畳み掛けるように勧誘したのが、なかむらのぞみという人だった。

この人、住んでいるところから遠く離れた水戸へ週に一、二度通って、ラジオの仕事をしている。平日のほとんどは全く別のところで働いている。ほとんどというのは、平日火曜日夕方は水戸で喋っているから、その仕事は休まざるを得ないのだ。だからかつては時々、火曜の朝にシブイのお仕事をしたりもしていた。

結構、大変だ。普通はやらない出来ない。やりたいからやれる。バカだからやれるんだと思う。そんなに好きか、喋るのが。僕には気がしれない。

熱意は人を動かす。そんなことなら、シブイも辞めて水戸へいってしまえ。と、僕はしばらく前から言い続けている。いや、言い続けさせられている。というべきなのかもしれない。

火曜日17時、水戸のFM。検索すると、世界どこででも聴ける。コミュニティFMだからか、メールを出せば読んでももらえる。

とにかくこのバカに僕は仕事を覚えさせて、送り出したい。まだ若い今のうちに。

2020年12月12 日 18時49分23秒

2020/12/10 21:31:19

西池袋軽音楽部リハーサルより帰宅。実はその中途から、我がiPhoneエスイーのアプリが全く起動しなくなり、それどころか再起動も電源オフも出来ないことになってしまった。

困ることといえば、迅速な連絡くらいであるが、まあ、お仕事ならば焦らないし、こんな事情はここに書いておけば、いいんじゃないか。

2020年12月10 日 21時31分19秒

2020/12/09 20:49:07

譜面書きがつづいています。僕はこういう時に、音楽を職業にしているような気分になります。

やっていることは、高校生や大学生の時に夢中でやっていたことのまんまなのですが。

あ。嬉しいことがありました。四曲もうたっちまったばかりか、実際僕が作った歌を歌ってくれた人が続出した忘年会のあと、ライブに行ってみたいと言ってくださる人がありました。

久しぶりだな、そんなことを言ってもらえるのは。

どうぶつえかきうた
その日のこと
ふたりでうたえば
わるくない
アメ横で女王

こんなに聴けることは、普通ないよね。ありがたいです。女王なんて懐かしくて、大事なサビすら思い出せなかったんだ。笑っちゃうよね。譜面書きがつづいています。僕はこういう時に、音楽を職業にしているような気分になります。

やっていることは、高校生や大学生の時に夢中でやっていたことのまんまなのですが。

あ。嬉しいことがありました。四曲もうたっちまったばかりか、実際僕が作った歌を歌ってくれた人が続出した忘年会のあと、ライブに行ってみたいと言ってくださる人がありました。

久しぶりだな、そんなことを言ってもらえるのは。

どうぶつえかきうた
その日のこと
ふたりでうたえば
わるくない
アメ横で女王

こんなに聴けることは、普通ないよね。ありがたいです。女王なんて懐かしくて、大事なサビすら思い出せなかったんだ。笑っちゃうよね。

2020年12月09 日 20時49分07秒

2020/12/07 19:33:34

おぼえがき いや別に覚えていなくてもいいけれども。

忘年会をひそかに無事終了させた。正直今回も正真正銘の赤字だけど、それはもう仕方がないことだと思う。さすがにいちいち挫けなくなった。

始まる前に一曲(私の平成 お勉強編)。挨拶の後に一曲(高校生日記)。そして最後に一曲(空前の灯火)。アンコールを頂いたので、一曲(もう一度アラート)。

こんなに自分の曲を歌った忘年会は、あるわけがない。若干やけくそ気味ではあった。世間ではライブハウスで忘年会を開いた、なんていったらあまりいい顔はされるまい。と思う。だから表立ってはもう書かないつもりで、こうして自分のところに書いておいている。

片付けながら有り金すべてをマッシュの缶ビールに注ぎ込んで、マスターとしゃべくった。都合何本飲んだんだろう。荷物を担いで歩いて教室まで帰った。酔っ払っているので疲れもせず。そして、その辺りからあまり記憶がないが、夕方、まるで忘年会が終わるのを待っていたかのようにフィールドからメールが届き、今度はクリスマスソングの資料だ。二週間で覚えるのか、歌うのか。さすがに忙しい。

アルバムの完成を先送りにしたのは、空前の灯火という曲がまだできていなかったこともあった。金曜日にふとできたので、忘年会の最後に、歌ってみた。

2020年12月07 日 19時33分34秒

2020/12/05 20:14:00

こんなご時世でなければ、シブイオンガクTwitterで、昔のみんなも遊びにきてねと、書けたのに。

忘年会である。参加辞退者も続出である。でもそれならばと、オンライン参加を可能にしようと思いついた。新しい時代だ。

そうこうしながら、やはり陽性者情報は身近に迫っている。今日はお父様が罹患して隔離、当人も濃厚接触者街頭につき外出禁止の憂き目にあった方とオンラインレッスンをやって、いろいろと話が聞けた。

廻し飲みは絶対にダメ。お父さんは欲張って、姉(持ち帰ってしまった当事者ということになるか)の飲み残しのワインを飲んでいたから。という。でも、家族だからやるんだろ。回し飲みなんてさあ。そして、同じ部屋に寝ていた母は陰性。これはヒントになる。ので、メモメモ。

2020年12月05 日 20時14分00秒

2020/12/01 23:15:11

今年も元気に十二月になりましたと、挨拶ができるように暮らしていかないとなりませんね。だってこうして、生きるのに苦なほどではないのですもの。月締めで唖然としながらも、せいぜいお小遣いがないな、という程度です。小遣いなんて贅沢なものです。

お仕事の帰り道は北上するので、北風でなくとも風が冷たくなってくるこの頃、つくづくそう思います。

今月のライブは18日、それから29日です。いつも通りです。と、口では言わせてください。不要不急の外出用事に決まっています。29日には、今年の総括として今年作ったいくつもの歌たちと、CD作品集として発表する歌たちを配信ライブでやります。

そしてその前に、シブイオンガクスタヂオ忘年会がこっそり開催されます。こっそりと言っておかねばなりません。このご時世に何をやっているのかと、お思いの方もありましょう。実際に現地参加を諦めた方があるので、その方々のためにリモート忘年会をやろうと思っています。これはもしかしたらいや、まさかの、今後は必要な企画要件になっていくかもしれませんね。面白いことをやりたいものです。

2020年12月01 日 23時15分11秒

ご挨拶

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
ページのトップへ戻る