Warning: file(txt/index/202011indexdiary.txt): failed to open stream: No such file or directory in /home/fubuki/ishimurafubuki.com/public_html/php/defines.php on line 66

Warning: rsort() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/fubuki/ishimurafubuki.com/public_html/php/defines.php on line 67

シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

日日是20。 ( 2020-10 )

2020-09< ==== 2020-10 ==== >2020-11

タイトル空前の灯火を最初に考えついた時に

即座にしたことは、ウェブ検索です。その時点では、その文言はユニークだったと思うんです。そうでなければ、僕はきっと使用しなかったのです。もちろんその時点でも、さがしきれていなかった可能性もじゅうぶんあります。

ところが、いざ使い始めてみると、バンド名で使われていることに気付かざるを得なくなりました。なんということでしょう。僕としては、あってはならないことでした。

確かに、僕の場合について語れば、タイトルを思いついておいて、実際にアルバムとして公表するまで5年以上もかかった、正義と真実のばか、の例を挙げれば最適でしょう。もしもその5年の間に誰か有名な人が使っていたら、僕は後出しとかパクリの謗りをうけるべきなのです。

わからないのですけどもね。言葉の組み合わせは無限とも言えるし、有限とも言えます。つまりそもそも、いつでも被る可能性などあるのです。

でもせめて、制作会議もなければスポンサーを募る必要も気概もない立場としては、思いついたら即実行制作発表、していたいものです。

だったら、こそっと黙って引っ込めちゃえばいいじゃないか、という意見もあり得ますが、だいたい、誰もそこを残念にも思わないじゃないか、という意見だってあります。であるならば、僕はわざわざそこでは、退かない。



空前の灯火、というアルバムを作りはじめました。
また併せて、凍結していたあらまほシリーズ、わ、途、の公表まで、この年末年始をゴールに設定して、うごき始めました。

もしやそれほどにお金に困ったか?
と思われても仕方ありません。

ただただ言えることは、ここをご覧の皆様におかれましては、お小遣いのご準備を是非ともよろしくお願い申し上げます。


2020年10月12 日 12時53分54秒
2020/10/30 00:24:25
二十一曲を並べてみる。そして聴いてみる。
2020/10/29 11:24:20
エスエヌエスとかいった、公に向かって開い
2020/10/29 11:24:20
エスエヌエスとかいった、公に向かって開い
2020/10/27 08:54:54
十月の空前の灯火、ご来場、リアルタイムご
2020/10/20 20:44:29
左下の臼歯の詰め物が取れたのかどうかわか
2020/10/15 22:40:24
実は四谷天窓にオーディション資料送ったの
2020/10/15 22:40:24
実は四谷天窓にオーディション資料送ったの
2020/10/12 12:53:54
タイトル空前の灯火を最初に考えついた時に
2020/10/09 05:15:32
残り僅かになった2020をきちんと生き抜
2020/10/07 20:31:26
僕は弱つよむが好きだから
2020/10/06 08:01:34
福の神もどる
2020/10/03 17:39:53
僕が江古田を離れる理由
2020/10/02 21:20:22
江古田マーキー
2020/10/02 19:31:45
最近のいいこと
2020/10/01 04:47:34
十月に入りましたが

あまり乗り気ではないがご挨拶も表示する

ページのトップへ戻る