シンガーソングライター石村吹雪オフィシャルサイト

トップ > 

日日是20。 ( 2020-10 )

2020-09< ==== 2020-10 ==== >2020-11

僕が江古田を離れる理由

それは簡単にいえば、ライブハウスと出演者の関係の破綻であり、元来お客様には無関係のことです。

いつも来てくださる皆さんには代替のライブ録音でのみ、お楽しみいただくより他ないことになることは、心苦しく思っていました。正直なところ、申し訳ない思いです。それでも、決行しました。無観客想定ブッキングライブ。もちろん、対バンのお客さんがそこにいれば、無観客にならなかったわけです。当たり前ですがやる前から想定できたことはやっぱり何かしら問題だと思うんです。

僕らなどは世間指標ではとるに足らないアマチュアです。そんなことは分かっていますが、ライブハウスがそれを認めては、失格です。だってこの通り、演者が告知をしなければ、ライブハウスにはお金が入らないのですものね。

もちろん、出演費を払ってでもステージに立ちたいと言う人々もいることでしょう。その人たちと、僕は違います。ということが理解されていなかったし、させられなかったのは、僕の決定的力量不足です。が、それだけは譲るわけには行かないのでした。僕はこう見えても、いつだってやめる覚悟で三十代を修行のように過ごしてきたのですもの。

それでも、雇われ店長さんとは仲良く遅くまでお話をしてきました。一緒にやろうよ、タイムアンドタイド。みたいな感じで。


でもここ最近、いいこともあったし。いいことがあると、これも前向きになるチャンスです。一気に前の方へ進んでいけるような気がしている土曜日です。

2020年10月03 日 17時39分53秒
2020/10/30 00:24:25
二十一曲を並べてみる。そして聴いてみる。案外なことに、楽しい。

案外な意外なと、こんなとき僕はよく表するのだけど、もちろんごく正直なところ。

作りおいた作品を不意に聴いてみる、ということをやってみる理由。客観性を発生させるためには、

時間をおくこと。

これが一番。作った背景を思い出せないくらいにしないと、ただしく、冷静に、一歩下がって、思入れなしになど聴けないのです。

何せこっちは屍臭のように強烈な主観を最大の推進力にして書いているわけだから、昨日今日書いたものなど、かさぶたにもなっていない生々しさが邪魔をするのです。

というわけで、今回も制作年次の幅広い二十二曲を先ずは、同じ条件で並べて聴いてみることをやってみたいわけです。

同じ条件で、とは、要は録音環境を同じにするということ。ただしこの曲数だと、一日で、というのも難しく、さらに実感としては連日の作業も不可能。隔日ならどうか、と思ったけども、これも困難。

話は戻りますが、思いの外、僕は楽しい。もしかしたら半年前ならそうは思わなかったかも知れないけれど、今は楽しめる気がします。

というわけで、完成は十二月になるんだろうなと、見積もる次第です。


あ。最後の一曲はまだ、歌詞の一部を書いたのみなので、まだ二十一曲。


2020/10/29 11:24:20
エスエヌエスとかいった、公に向かって開いている場所への書き出しは、ある時から可能な限り控えています。

自分のことだけを書けば相手にされることはなく、かと言って、世のためになることなどわざわざ捻り出すのは、僕のキャパでは商用ブログがせいぜいの限界だからです。

なんとかギリギリ生きてこられたのは、シブイブログを書いてきて、それに目をつけて、あるいは目をかけてくださる人たちに恵まれたからですから、そこは頑張らないとならないわけです。
エスエヌエスとかいった、公に向かって開いている場所への書き出しは、ある時から可能な限り控えています。

自分のことだけを書けば相手にされることはなく、かと言って、世のためになることなどわざわざ捻り出すのは、僕のキャパでは商用ブログがせいぜいの限界だからです。

なんとかギリギリ生きてこられたのは、シブイブログを書いてきて、それに目をつけて、あるいは目をかけてくださる人たちに恵まれたからですから、そこは頑張らないとならないわけです。


2020/10/27 08:54:54
十月の空前の灯火、ご来場、リアルタイムご視聴、ありがとうございました。

あれから、数日が経ちました。

東京の密集傾向が故に、まだまだ到底予断を許さない状況の下、ご来場のみなさま、お会いできる喜びに感謝です。ただただ、うれしく思えます。


ときは十月です。自覚はありますが、歌ってみたい曲の増える季節です。そのために、与えられた時間に取りまとめるのが一苦労。ということになります。きっと来月も同じくです。

あ。今月は軽音楽部で田森理生の曲をやりました。いつも思うのですが、あの山石さんと、まるで高校時代に岡崎といろんな曲を弾いて遊んでいたのと同じような距離感で演奏出来るのは、こりゃもうどえらいことだし、音を出している間はほんとうに楽しいです。よかったよフィールドはつぶれなくて。


今年はとくに、今年のこと、今年という特殊事情が故のことを、どうしても歌の形にしてしまいます。ある意味、確かに日記のようです。でも、だからこそ後に価値が残りましょう。人はいとも簡単に忘れていきますから。

実は、明けて日曜日、田舎道をレンタル自転車で走っていました。たまたまお天気に恵まれ、マスクも思わず外して爽快なところ、向かいから地元のおばあちゃんが、マスクをしてやってくるではないですか。そしてこちらは思わず、ばつの悪い顔もしてしまいます。

東京から見たらこんな畑の真ん中で、明らかに不要です。気持ちよい秋晴れ、乾きはじめた空気を、マスク越しで湿らせて感じるわけです。そうでなければならないこと、そうあるべきである機会、もあるものの、それほどマスクも必要でないケースも認知しあえたらいいのにと、切に願いました。



毎日は半信半疑のままで、なんとか、社会の枠組みから足を踏み外さないように必死です。その意識だけで、くたびれてしまいます。そんな状況もあいまってか、僕は腹を括ったところがあります。これで行くのだと。しばらくは、これで行ってみよう。と。

来月もまた、無事に皆さんをお迎えできますように。張り切って生きてやろうと思います。よろしくお願いします。


日記でのご挨拶がまたしてもちょっと時間が空いてしまったお詫びに、夏のイベント限定販売した音源のうち二曲を、ペンツマンレコーズオンラインにて公開しました。圧縮加減を2パターンご用意しました。確かに、再生機器によっては大いに違いが出て来ますね。お好みでどうぞ。


2020/10/20 20:44:29
左下の臼歯の詰め物が取れたのかどうかわからないくらい普段は意識してこなかったのだけども、とにかく見るも無残のみっともないことになった上に、明白に食べ物が詰まりやすいと見て、右顎でご飯をいただくようになってから、数週間。

ついに、右臼歯に痛みを感じてしまったので、思い切って歯医者に診てもらうことにした。診て貰うなんてまどろっこしいことなく、治療をしようと思うのであった。

実は僕はおよそ6年周期で仕事場を移転している。飽きるのだろうと思う。それと限りなく同じような周期で、歯医者に通っている。どういうわけか分からないが、同じパターンなのだ。

詰め物が取れた、あるいは痛いところができた。治療をしよう。となる。そしてお決まりのように歯医者さん曰く、他にも虫歯があるし、この親知らずはどうせ痛くなりますから、抜きましょう。と。

しかし、この予定の最後段階、親知らずを抜く段になって、どういうわけか僕は仕事場を移転してしまう。つまり、通いにくくなる。という理由で治療中断になるのである。

ここ、文京区後楽二丁目に昨年、新しい歯医者ができた。いつかは行くことになるのだろうな、と思っていたので、今回はどこに行ったらいいだろうかと迷うことはなかった。

で、診察を受けた。以下は記憶に残したいメモ。

僕の歯の噛み合わせは、上の歯で下の歯が隠れてしまう。下の歯が上の歯の後ろにいってしまう。これは、下顎の永久歯が三本足りないからで、アーチが小さく引っ込んでしまい、したがって奥歯の負担が大きくなりやすいのだそうだ。永久歯が足りない、といったのは、まさにその一本が今回の最初の詰め物がなくなってみっともない上に心許なくなってしまった歯で、これはもう虫歯部分を削げばほとんどなくなってしまう、乳歯である。とのこと。あと2本足りないのは、前歯の両脇だそうな。

というわけで、今日は下顎の数本の治療を行うにあたり、麻酔をかけてフガフガふーである。フガフガフーのまま、ライブの準備などしている。ちょっと可笑しい。



2020/10/15 22:40:24
実は四谷天窓にオーディション資料送ったのに、残念でした。

その昔、四谷天窓が四谷にできた時、僕たちは慄いた。

新しくて、きれいなライブハウス。四谷コタンなんぞに出入りしている僕たちなんか、入れてくれないんだろうな。題字は山崎まさよしだっけか。

本当に、一度も立ち寄ることがなかった。フォーバレーの跡地といえど、近寄りもしなかった。

その後、高田馬場に移ったり、女子向けのピアノのお店を増やしたりと、僕たちとは別世界を展開していたから、本当に今の今まで無縁だったよ。

だからこそ、最近思いついてホームページ見て、まずは資料を送れって書いてあるから、音源作って送ったんだよ。返事なかったから、つまりは落ちたんだけどね。ご縁がなかったなあ。と思ってたんだけどねり

そしたら、閉店ですって。

ま、仕方ないな。賢い選択よ。政府はライブハウスを潰そうとしたんだからさ。
実は四谷天窓にオーディション資料送ったのに、残念でした。

その昔、四谷天窓が四谷にできた時、僕たちは慄いた。

新しくて、きれいなライブハウス。四谷コタンなんぞに出入りしている僕たちなんか、入れてくれないんだろうな。題字は山崎まさよしだっけか。

本当に、一度も立ち寄ることがなかった。フォーバレーの跡地といえど、近寄りもしなかった。

その後、高田馬場に移ったり、女子向けのピアノのお店を増やしたりと、僕たちとは別世界を展開していたから、本当に今の今まで無縁だったよ。

だからこそ、最近思いついてホームページ見て、まずは資料を送れって書いてあるから、音源作って送ったんだよ。返事なかったから、つまりは落ちたんだけどね。ご縁がなかったなあ。と思ってたんだけどねり

そしたら、閉店ですって。

ま、仕方ないな。賢い選択よ。政府はライブハウスを潰そうとしたんだからさ。


2020/10/12 12:53:54
タイトル空前の灯火を最初に考えついた時に

即座にしたことは、ウェブ検索です。その時点では、その文言はユニークだったと思うんです。そうでなければ、僕はきっと使用しなかったのです。もちろんその時点でも、さがしきれていなかった可能性もじゅうぶんあります。

ところが、いざ使い始めてみると、バンド名で使われていることに気付かざるを得なくなりました。なんということでしょう。僕としては、あってはならないことでした。

確かに、僕の場合について語れば、タイトルを思いついておいて、実際にアルバムとして公表するまで5年以上もかかった、正義と真実のばか、の例を挙げれば最適でしょう。もしもその5年の間に誰か有名な人が使っていたら、僕は後出しとかパクリの謗りをうけるべきなのです。

わからないのですけどもね。言葉の組み合わせは無限とも言えるし、有限とも言えます。つまりそもそも、いつでも被る可能性などあるのです。

でもせめて、制作会議もなければスポンサーを募る必要も気概もない立場としては、思いついたら即実行制作発表、していたいものです。

だったら、こそっと黙って引っ込めちゃえばいいじゃないか、という意見もあり得ますが、だいたい、誰もそこを残念にも思わないじゃないか、という意見だってあります。であるならば、僕はわざわざそこでは、退かない。



空前の灯火、というアルバムを作りはじめました。
また併せて、凍結していたあらまほシリーズ、わ、途、の公表まで、この年末年始をゴールに設定して、うごき始めました。

もしやそれほどにお金に困ったか?
と思われても仕方ありません。

ただただ言えることは、ここをご覧の皆様におかれましては、お小遣いのご準備を是非ともよろしくお願い申し上げます。



2020/10/09 05:15:32
残り僅かになった2020をきちんと生き抜くために

計画を立ててみる。結果うまくいかなくたっていい。だけど、よく言われることだけど、悔いなく終えようじゃないか。幸い、2020は来年も続くんだから。

思えば準備ばかりの人生でした。なんてことにならぬよう、重ねて来たことを活かす時が今来ているのだと思える、未だ青臭い雨の夜が来たのだとバスに乗りそこね、靴を濡らして歩き。

台風が近づくものの、あらためて心を晴らしてゆく、今はまだ月初。春から低迷が続くのだから当然のことついに涸れた1680859に驚き、また立ち上がるところ。


2020/10/07 20:31:26
僕は弱つよむが好きだから

池袋で彼をみられるなら、と立ち寄るわけではないのだが。

ライブハウスだ。僕らはわずかな生の人間が漏らす息を楽しみに、ライブハウスに行くんだな。

しかし、これは自分にも言えるのだけども。カメラに向かって歌う人も出てくるわけだ。





当然だ!配信の方が、バックマージンがでかいんだ!

いうまでもない、由々しき問題だと思います。

だからさ、こうやって、ライブハウスの客席で、日記書いちゃうわけよ。どうなん。この問題。




2020/10/06 08:01:34
福の神もどる

わたし福の神なんです。という台詞を生で最初に聞いたときは耳を疑ったけれども、即座に納得したのは、とにかくこの人が入会したのは、あの、シブイバブルの前の週なんだ。

一年間で前年比8倍もの問い合わせがきて、とにかくてんてこまいだったあの冬を思い出す。

福の神さんは、娘さんもまだ小さく、ご多分に漏れずそういうご家庭の方は慎重にならざるをえない2020。

半年ぶりにやって来たのだ。僕は諦めかけていたので、連絡があっただけで、もうシブイはこれから大丈夫。と思っていた。

そして半年ぶりの再来。彼女は言い放った。

もう私が来たから大丈夫ですよ。

実に心強いではないか。




2020/10/03 17:39:53
僕が江古田を離れる理由

それは簡単にいえば、ライブハウスと出演者の関係の破綻であり、元来お客様には無関係のことです。

いつも来てくださる皆さんには代替のライブ録音でのみ、お楽しみいただくより他ないことになることは、心苦しく思っていました。正直なところ、申し訳ない思いです。それでも、決行しました。無観客想定ブッキングライブ。もちろん、対バンのお客さんがそこにいれば、無観客にならなかったわけです。当たり前ですがやる前から想定できたことはやっぱり何かしら問題だと思うんです。

僕らなどは世間指標ではとるに足らないアマチュアです。そんなことは分かっていますが、ライブハウスがそれを認めては、失格です。だってこの通り、演者が告知をしなければ、ライブハウスにはお金が入らないのですものね。

もちろん、出演費を払ってでもステージに立ちたいと言う人々もいることでしょう。その人たちと、僕は違います。ということが理解されていなかったし、させられなかったのは、僕の決定的力量不足です。が、それだけは譲るわけには行かないのでした。僕はこう見えても、いつだってやめる覚悟で三十代を修行のように過ごしてきたのですもの。

それでも、雇われ店長さんとは仲良く遅くまでお話をしてきました。一緒にやろうよ、タイムアンドタイド。みたいな感じで。


でもここ最近、いいこともあったし。いいことがあると、これも前向きになるチャンスです。一気に前の方へ進んでいけるような気がしている土曜日です。


2020/10/02 21:20:22
十月の江古田マーキーのライブをやったはずです

十月二日。金曜日。僕から告知はしませんでしたが、江古田マーキーのスケジュールには載っていました。何故そうなったかはさておき。

あれは4年前の初夏。春に四谷コタンがなくなって、歌う場所がなくなっていました。

実際にはコタンで最後の3月のライブが終わるや否や、池袋フィールドに押しかけていて、ひとまず五月のオーバーエイジ企画に出られることが決まっていました。

でも、それは毎月ではなく隔月くらいの話でした。簡単には出させてもらえません。

毎月一度とはいえ自分の名前で一時間歌う場所があったというのは、今思うとつくづく、当たり前ではなかったのです。

いまさら、オーディションを申し込んでみても返事がない、ということを経験してみていますが、そんなことをになるまでもなく。

YouTubeを見たと江古田マーキーから出演依頼が来たのはその頃でした。載せておくもんだなあと思いましたっけ。

だいたい隔月のお付き合いでした。さすが老舗。大学のサークルの同期のすずきゆめが出演した時は、チャージは4500円くらいでしたか。その大きな宣伝文字の隣で、本日の公演石村吹雪チャージ2000円の看板が並んだ時は、いろんな気持ちで笑ってしまいましたっけ。

ありがとう江古田マーキーまたいつの日か。

本日の演奏は、自分で録音しているはず。出来次第の評価でペンツマンレコーズオンラインにてダウンロード販売できるように。


2020/10/02 19:31:45
最近のいいこと

近所の店のオープンマイクに行ってみた。
近ごろは、人の集まりも悪いらしい。

悪いだろうよ。そりゃあねえ。

なので、人も少ない。だからうたい放題。七曲くらい、勧められるままにうたった。

ユニークな名前ゆえに、自営業のいしむらです、と名乗って。その日は帰った。


後日、思うところあって、お店のマスターとお話をした。とても気安く、家賃の額まで教えてくれた。面白い人と出会えた。これから、何ができるだろう。


2020/10/01 04:47:34
十月に入りましたが、早起きは相変わらずです。あさひを見にいってきますわ。


あまり乗り気ではないがご挨拶も表示する

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • youtube
ページのトップへ戻る